名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

plymouth12

3/2
第37節
vs Barnet (23/H)



FW:マレー
MF:ホール、ヤング、ネイスミス
   フリハン、フォザリンガム
DF:チャールズ、ネルソン、ピアス、バターフィールド
GK:レイントン

SUB:ギルマーティン、リチャーズ、ベリー、ヒューズ、グリエリ、ハービー、チャドウィック

故障:マット・スミス
欠場:ウットン、ラウリー、フォーブス



両チームチャンスを作るも両チームのGKがファインセーブで乗り切る。

18分、カウンターからMFヤングがマレーのパスで切れ込み決め1-0、プリマスが先制。
1/16以来の今季11得点目。
2013y09m24d_031711225.jpg 


HTで負傷していたバターフィールドを下げてベリーを投入。

50分、ネイスミスのライン際からの右足でのクロスにFWマレーが合わせて2-0!
    マレーは今季13得点目。あまりフィットしておらず、次には外そうかと思っていたネイスミスのアシスト。

56分、負傷したマレーに代えてチャドウィック投入。怪我人がまた出てくるか・・・。

63分、下がってボールを受けたチャドウィックのパスで裏を取ったホールが決め3-0。今季12点目。

75分、ヤングに代えてハービー投入。


91分、フォザリンガムからパスを受けたネイスミスが左足で決め4-0。
93分、ピアスがドリブルで抜かれネルソンが釣り出されたところを通され失点。4-1。


終了間際に失点するという失態もあったが4得点快勝。


MOMは新加入のネイスミス。3試合目で移籍後初ゴールとなった。



○4-1 3位
G:ヤング(11)、マレー(13)、ホール(12)、ネイスミス(1)




3/9
第38節
vs Burton (20/H)



FW:マレー
MF:ホール、ヤング、ネイスミス
   フリハン、フォザリンガム
DF:チャールズ、リチャーズ、ピアス、ベリー
GK:レイントン

SUB:ギルマーティン、ネルソン、バターフィールド、ヒューズ、グリエリ、ハービー、チャドウィック

故障:マット・スミス
欠場:ウットン、ラウリー、フォーブス



久々に1週間に3試合組まれている週。
CBネルソンではなくリチャーズを起用。単純に温存意識。リチャーズも育成したい。
RSBにはベリーを起用。


31分、相手のセットプレー。FKから中で合わせられ0-1。


56分、ベリー、マレーに代えてバターフィールド、チャドウィックのベテランコンビ投入。
    二人共調子が悪いのか精彩を欠いていた。

62分、ネイスミスからパスを受けたチャドウィックが強引なシュートを叩き込み1-1の同点。
    相手のGKも触ったが、その手を弾き飛ばしてゴール左に突き刺さった。
2013y09m24d_053449284.jpg 
今季9得点目。能力評価の☆は1.5と最低レベルだが、活躍してくれる頼れるベテラン。


79分、ホールに代えてグリエリ投入。

89分、FKからのこぼれ球を押し込まれ1-2。勝ち越しを許す。

終了間際の93分。エリア内でMFヤングが倒されPK獲得。
蹴るのは22歳になったばかりのネイスミス。ゴール左に決め2-2!


△2-2 2位↑
G:チャドウィック(9)、ネイスミス(2)


・バターフィールドがこむら返りで1週間の離脱。



3/12
第39節
vs Flletwood (22/A)



FW:ホール、マレー、グリエリ
MF:ヒューズ、フォザリンガム、ハービー
DF:パリントン、ネルソン、ピアス、ベリー
GK:レイントン

SUB:ギルマーティン、リチャーズ、ウットン、ラウリー、フリハン、ネイスミス、チャドウィック

故障:バターフィールド
欠場:チャールズ、フォーブス、ヤング、マット・スミス


アウェーなので4-3-3のカウンター重視で挑む。
メンバーも中2日なので代え気味。中盤にヒューズ、ハービーが入る。

ハービーは今季右サイドで17歳ながらセンセーショナルな働きを見せたものの
後半戦に入るにつれ息切れ感が否めなかった。
中盤に入ることによって新たなプレースタイルを開拓したい。
今季30試合で3得点7アシストを記録。

LSBに16歳パリントンが先発出場。今季6試合目の先発出場。
LSBの本職が16歳パリントン一人という狂気のチーム編成。
補強したかったよ。でもバセラの契約破棄に契約分の違約金を支払っているから簡単に補強できなかった。
チャールズも放出することができていたら補強していたが・・・。

3トップの右に怪我から帰ってきたグリエリが先発。
ネイスミスの補強があたりっぽいのでグリエリの出番は激減する可能性が高い。
こういう出番で運動量豊富なプレーを見せつけて欲しい。バックアッパー1番手になってもらいたい。


13分、相手のクロスからFWパーキンに頭で合わせられ0-1。
    一度はGKレイントンが弾いたがこぼれ球を押し込まれた。

30分、FKからまたもや中で合わせられ0-2。セットプレーの守備が急に弱くなった。どうしたんだ。


69分、マレー、ホール、ヒューズに代えてチャドウィック、ネイスミス、フリハン投入。

77分、グリエリがエリア内で仕掛けると倒されPK獲得。
    ネイスミスが決め1-2。1点を返す。ネイスミスは今季3点目。


内容は悲観するほど悪くはなかったが、あっさり2失点してしまい敗戦。
特にFKから中で受けられてあっさり失点しているのが続いているのがいただけない。

●1-2 3位↓
G:ネイスミス(3)




3/16
第40節
vs York (1/A)



FW:ホール、マレー、ネイスミス
MF:フリハン、フォザリンガム、ヤング
DF:チャールズ、ネルソン、ピアス、ベリー
GK:レイントン

SUB:ギルマーティン、リチャーズ、ウットン、ラウリー、ヒューズ、グリエリ、チャドウィック

欠場:バターフィールド、フォーブス、ハービー、マット・スミス


アウェーなので4-3-3で挑む。
相手は首位に立っているヨーク。現在勝ち点差5と離されてきている。


4-3-3で速攻できているのだが、最後のラストパスがうまくいかず攻めきれない。
ブロックするDFはいるが、とりあえずシュート撃って終わろうって場面もバックパスして結局枚数が戻る感じ。
やっぱりカウンターで強引にゴリゴリ行ける選手なんてこのレベルでは居ないか。
現実では周りが見えなくてドリブルに頼るとか多いが、
このゲームはフリーの選手見つけたら運べるスペース見つけても基本パスを出すので速攻が難しい。

顕著なのがこういう場面。Aの選手がドリブルで持ち込める場面だが、基本的にBの選手に出し
Bの選手が後ろ向きにパスを貰い攻め手がなくボランチまでバックパス。そんなシーンをしょっちゅう観る。
myboard_2013092505505544d.jpg


それでも31分。
相手のFKからのカウンター。ネイスミスが右足でクロスを入れるとマレーがきっちり流し込み1-0、プリマスが先制!

43分。
ホールがエリア内で倒されPK獲得。ネイスミスが決め2-0。
最近PKがかなり増えてきた。今まで率いてきた中で一番多い気がする。実感的に。
こんなにPKいっぱいもらってて大丈夫かな。ネイスミスの加入で前半戦のように外すことも無くなった。



61分、相手の大胆なサイドチェンジでスペースをつかれ失点。
    こんなに凄いサイドチェンジ久しぶりに見た。ウチもやってほしい。

削られたマレーに代えてFWチャドウィック投入。

80分、疲労が色濃いフォザリンガムとホールに代えてラウリー、グリエリの運動量豊富コンビを投入。


後半ボコボコに攻められ続ける。特に失点してからが酷い。
そして86分にとうとうクロスから決められ2-2。


首位に詰め寄るチャンスだったが、猛攻を受け守りきれずドロー。
勝てると思ったのだが、悔しい引き分けとなってしまった。


△2-2 3位
G:マレー(14)、ネイスミス(4)




プリマスのアカデミーに新入生が入団。
6人入団したものの、大成しそうな選手は入団せず。



選手補強
FW Alfie Shroot
2013y09m25d_073428304.jpg


アルフィー・シュルートを移籍金8万€で獲得。
スカウトが安いからどうしても獲得して欲しいと推薦してきたから獲得した。
他所様の生え抜き選手を即強奪はあまり好ましくないが、シュルートならすぐ高額にペイできそう。

そもそも8万で獲得できたのはなぜだろう。
俺だったら100万のオファーが無かったら放出しない。
ちなみに同じ4部のDag&Redから獲得。

来季レンタルバックで帰るマレーの代役とホールのバックアップで左サイドでプレーさせる予定。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/10/24(木) 01:13:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

plymouth13 | ホーム | plymouth11

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/146-665dec5d

| ホーム |