名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

plymouth6

10/9
FLトロフィー南2回戦
vs Oxford (18/A)



FW:マレー
MF:ヴァッセル、レコインテ、シムズ
   ラウリー、グリエリ
DF:リチャーズ、ブラッドリー、ウットン、ワトソン
GK:コール

SUB:レイントン、ブランストン、バセラ、ヤング、チャドウィック



若い選手を多く起用。U-20が6人もスターティングメンバーに入っている。
このカップ戦は完全に若手育成の舞台。リーグでも育成してるけど。
前回5分で退場したワトソンは今日大丈夫かな?


4分、CBウットンがまた奪われピンチ。
   なんとか無失点で切り抜けたがやはりウットンのCB起用はダメだ。危ない。
   ウットンのRSBで起用してワトソンを左。リチャーズ、ブラッドリーの18歳CBコンビ。

8分、ワトソンのヘディングでのバックパスを奪われ失点。
   やはり17歳ワトソンにスタメンは早すぎたか。それ以上にそんなに優れた若手でもないし
   トップチーム昇格はもう無いな。

18分、マレーが中盤でヴァッセルからパスを受けるとドリブル開始。
    2人のマーカーを引き連れつつも2度の切り返しで抜くと冷静に決め1-1の同点。
    FW起用されたマレーがヤバイ。右サイドでもそんなプレーやってよ。
2013y08m25d_052827236.jpg
2013y08m25d_052856482.jpg
驚異的なドリブルで2試合連続ゴールのマレー


24分、シムズのライン際からのクロスにMFレコインテが合わせて2-1、プリマス逆転。
25分、ラウリーのスルーパスでラインからスペースに入ったレコインテが決め3-1。レコインテは今日2ゴール。
2013y08m25d_053755652.jpg


後半開始し48分、マレーに代えてチャドウィック投入。
次の中3日でのリーグ戦でもFWマレーでいくかもしれない。

56分、波状攻撃から決められ3-2。
60分、レコインテのパスからスペースに入ったシムズが決め4-2。

70分、リチャーズに代えてDFブランストン投入。
    長い怪我から復帰した33歳ブランストン。
    19歳ネルソン、18歳リチャーズが普通に戦力だからリーグでは出番が無い予定。

77分、シムズに代えてヤング投入。

若手中心で4-2で勝利。
リーグでは主力使って0-0だったが・・・。

○4-2 南3回戦進出
G:マレー、レコインテ(1,2)、シムズ




10/13
第13節
vs Port Vale (7/H)


FW:マレー
MF:ホール、ヤング、ハービー
   ヒューズ、フリハン
DF:チャールズ、ネルソン、ハゼル、ベリー
GK:レイントン

SUB:コール、リチャーズ、バセラ、グリエリ、ラウリー、レコインテ、チャドウィック


9分、ハービーからパスを受けたマレーがダイレクトで走りこむヤングへ。
   裏を取ったヤングが冷静に決めプリマスが先制。1-0。
2013y08m26d_043542613.jpg
ヤングの今季6得点目。ホールと並んでチーム得点王。

その後もプリマスの大攻勢。
ホールやハービーが連続してシュートを狙うも相手GKのファインセーブもあり決められない。
特にハービーが今日キレている。17歳ながら素晴らしいプレーの連続。


1トップのマレーが凄い。
チャドウィックは足が遅いから下がってボールを受ける必要があるが、
マレーはスピードがあるから相手DFラインがマレーに対するケアのためバイタルエリアをガンガン空けてくれる。
なので2列目のホール、ヤング、ハービーがどんどん中に入れてチャンスを作れている。


71分、ヒューズ、マレーに代えてグリエリ、チャドウィック投入。
83分、ハービーに代えてレコインテ投入。


一方的に押し込み1-0で勝利。
もう少しゴールが欲しかったが、ピンチらしいピンチも作らせず完璧な勝利だった。
MOMは相手GK。一方的なシュート攻勢を全て止められた。

○1-0 1位↑
G:ヤング(6)




10/20
第14節
vs Barnet (22/A)

久々に1週間空いてから行われる試合。次からはまた過密日程。
あのエドガー・ダービッツがプレイングマネージャー、選手兼監督として率いているバーネットとの試合2013y08m26d_214048061.jpg
プレイングマネージャーのダービッツ。ピッチに立ちながらにして采配を取る。


FW:マレー
MF:ホール、ヤング、ハービー
   ヒューズ、フリハン
DF:チャールズ、ネルソン、ハゼル、ベリー
GK:レイントン

SUB:コール、リチャーズ、バセラ、グリエリ、ラウリー、レコインテ、チャドウィック


ヤング、ハービーはレギュラーとして活躍しており、成長も期待できる。
残りのシムズ、ヴァッセル、レコインテの起用法に悩む。
冬か来季にいい年齢した主力選手を2列目に加える予定だからそうなったら放出候補かな。


開始1分、相手の直接FKが壁に当たるとボールはどフリーの選手の元へ。
ダイレクトで流し込まれ試合開始早々に失点してしまう。

2013y08m26d_214601846.jpg
不運と言える失点。いや、マーク外している時点で実力か。


巻き返したいプリマスは17分。
ホールが持ち込んでシュートを狙うとGKが弾き、こぼれ球をヤングが詰めて1-1の同点。
トップ下に入ったヤング。香川ばりの嗅覚でゴールハントしていく。

2013y08m26d_215455964.jpg
こぼれ球に対する最高の嗅覚で今季7得点目。チーム単独得点王に踊り出る。


最近ハービーのプレーが素晴らしい。切れ込んでシュートを放っているのだが、
全てGKにファインセーブされてしまっているのが気になるところ。
17歳だからわかりやすいシュートしか打ててないのかな。スピードのある低くて速いシュートをコースに蹴れているのだが。


26分、ハービーが右サイド深くでボール奪取。
    サイドからクロスを入れると、ヤングが3人に囲まれながらも懸命にトラップし
    ルーズボールになりかけているボールを蹴りこむとそれが決まり2-1でプリマス逆転。
    ヤングはこれが今季8得点目。
2013y08m26d_220644822.jpg

33分、ヤングからパスを受けたホールが切れ込んで決め3-1。ホールは今季7点目。
2013y08m26d_220546393.jpg


42分、エリア内で仕掛けたハービーが倒されPK獲得。
    2列目が躍動している割に今季初のPK。倒されてもなかなかPK取ってもらえなかった。
    蹴るのはハットトリックを狙う19歳ヤング。ゴール左を狙うもGKのファインセーブにあう。
2013y08m26d_221209737.jpg
2013y08m26d_221243150.jpg


それでも43分。
ホールの折り返しからのこぼれ球をヤングが詰めてポストに当てながらも流し込み4-1。
2013y08m26d_221624121.jpg
ダービッツにマークされながらも抜群の嗅覚を見せハットトリック達成で今季9点目。



もう何度言ったか分からない。ルーク・ヤングの嗅覚で前半を4-1で折り返す。
19歳なのになんなんだこの選手。プリマスのシンジ・カガワ。両足とも精度高くどこからでもシュートを流し込める。
なんたってこぼれ球に対する嗅覚が凄い。

ハットトリックで前節までのリーグ得点王の9得点に並んだ。
今日の結果はまだ分からないが、19歳ながら得点王争いに加わった。
でもあんまゴール決めると引き抜かれちゃうかな・・・。


59分、マレー、ヤング、ヒューズに代えてチャドウィック、レコインテ、ラウリー投入。

79分、レコインテの凄いアーリークロスにフリーでエリア内に入ったホールがダイレクトで流し込んで5-1。
    レコインテのベッカムばりの凄いクロスだった。ピッチ広く使いすぎて面倒なので画像割愛。


シュート17本で5得点。
被シュートも多かったが、力で捻じ伏せた印象。

首位固めに入り始めた。


○5-1  1位
G:ヤング(7,8,9)、ホール(7,8)


・チャドウィックがももの打撲で2週間の離脱


ちょろっと気になってイブスフリートを見に行ったらダントツ最下位だった。
エース、フィップも16試合で1得点と奮わず。
やっぱり自分が指揮を取らないとダメね。




10/23
第15節
vs Burton (20/A)


FW:マレー
MF:ホール、ヤング、グリエリ
   ヒューズ、ラウリー
DF:バセラ、ネルソン、ハゼル、ベリー
GK:レイントン

SUB:コール、リチャーズ、チャールズ、フリハン、ハービー、レコインテ、シムズ

故障:チャドウィック、フィーニー

中2日での試合。
チャールズ、フリハン、ハービーが変更。
バセラ、ラウリーが順当にスタメン入りしたが、マレーがトップに入ったため不在の右サイドの控え。
シムズ、レコインテ、ヴァッセルあたりの10代選手の起用が妥当だが、
CB以外ならどこでもプレー可能なグリエリを右サイドで起用してみたくなった。
運動量だけは天下一品で、チームのために骨身になって走ってくれる。
前線からのプレスが必要な今の戦術では大きな役割を果たしてくれそうな気がしている。

そもそもいつもはボランチの控えとして起用しているが、本職はトップ下の選手。
テクニックとドリブルセンスを少しは持っている。

実はこのグリエリという選手。フリート時代に獲得に動いたのだが、予算の都合がつかず破綻した経緯のある選手。
フリート時代も運動量のある選手を好んで起用していた。
2013y08m26d_233218525.jpg

20分、相手のFKからウェアに頭で合わせられ0-1。マーカーは36歳ヒューズだった。


チーム得点王争いに焦っているのかホールがむちゃくちゃなシュートばかりでチャンスを潰してしまっている。
ボランチのヒューズも積極的に上がって狙っているがシュートは全て枠外。
今日は1トップのマレーに巧くボールが入らない。17歳ながらハービーの存在感
が大きいようだ。

グリエリは積極的に走って攻守にいいところに顔を出しているが
如何せんボールを受けてからのプレーがお粗末すぎてチャンスが出来ない。
でも思ってたような動きはやってくれている。

やはりハービーのように切れ込んでシュートやパスを出せる選手入れないと
マレーも活きてこないのかな。



前半終了間際にラウリーがエリア外からおもいっきり狙うもGKのファインセーブに阻まれる。
そのプレーでラウリーが負傷。ハーフタイムにフリハンと交代。
ブライアン・ヒューズが久々に90分出らざるを得ないかもしれない。


どんなにカウンターを狙っても相手の戻りが早く、スピードスターのマレーもまともにボールを受けられない。

それでも57分。ヤングの左足での美しいサイドチェンジ。両足蹴れるルーク・ヤングの大きな武器の一つ。
サイドを抜けだしたグリエリが切れ込んでCBマックローリーを交わして決め1-1の同点!
2013y08m26d_235937263.jpg


2013y08m27d_000122786.jpg
フリーランがとうとう実り今シーズン初得点のグリエリ

2013y08m27d_000522936.jpg
右腕を前に突き出して頷きながら歩く意味不明なゴールパフォーマンス。
ニワトリのものまね?


67分、ヒューズに代えてレコインテ投入。
    グリエリをボランチに下げてレコインテを右サイドで起用。
    せっかく花開いたグリエリを後ろに戻すのは気が引けるが、ヒューズが走れないレベルなので仕方なく。

81分、マレーに代えてハービー投入。
    最後の10分で何かやってくれ!

82分、ハービーのシュートは枠の左。積極的なシュート。


1-1のどろーで試合終了。
疲労があるせいかホールも精彩を欠くプレー。
マレーもボールが入らず、前線は不満の残る展開。
元気ハツラツだったグリエリの素晴らしい働きでなんとかドローだった。

MOMはハゼル。相手のカウンターを体を張って阻止した

△1-1  1位
G:グリエリ(1)




10/27
第16節
vs Accrington (22/A)


FW:マレー
MF:グリエリ、ヤング、ハービー
   フリハン、ラウリー
DF:チャールズ、ネルソン、ハゼル、ベリー
GK:レイントン

SUB:コール、リチャーズ、バセラ、ヒューズ、ホール、レコインテ、シムズ

故障:チャドウィック、フィーニー


今日はホールがベンチに入り、グリエリを左サイドで起用。
一応左でもプレー可能だが、前節のようなゴールはあるだろうか。

ヒューズが久々に先発メンバーから外れる。
36歳のご老体だが、チームで一番のパスセンスを持っており欠かすことの出来ない戦力。
しかしやはり年齢には勝てず、運動量の少なさからボールロストをすることも多い。
オーバーラップしてもスピード、体力の無さからボールに追いつかないことも多く、息切れしてシュートも枠外ばかり。
フリハン、ラウリーのコンビである程度やれたらヒューズの起用法がもっと楽になる。


6分、バイタルが空いてDFハゼルが釣り出されたところを狙われ失点。
   3試合連続で先制ゴールを許す。悪い流れ。

17分、プリマスが巧く崩してマレーがシュートを放つもDFがなんとか喰らいついて得点ならず。
23分、素早い攻撃からマレーが狙うもクロスバー直撃。

いいクロスが何本も入っても173cmのマレーじゃ競り合いのせの字も出せない。
ここ数試合ほんとマット・スミスの加入が待ち遠しい。
別に飽きてきたわけではないのだが、マット・スミスが見たくてみたくてしょうがない。早く冬にしたい。

前半を0-1で折り返す。
選手に対してキレまくって後半へ。選手がやる気を出してくれたみたいだ。


後半開始47秒。ハービーのクロスから中で受けたルーク・ヤングが倒されPK獲得。
今季2度めのPK。前回はヤングが外した。今回はなんと17歳のハービーが蹴る模様。
冷静に枠の左に決め1-1の同点!ヒューズがたしかにベンチに座ってるけど17歳が蹴らなくても・・・。


更に53分、フリハンがエリア内で強さを見せDF2人に囲まれながらも右足でねじ込み2-1で逆転!

と書けば聞こえはいいが、後ろから引っ掛けて倒してファールにならなかった。
相手選手のセルフジャッジもあってGK、DF誰も動けず逆転ゴールとなった。
実際にファールがあったか否かはこのゲームじゃ分かんない。
相手の選手抗議してないし大丈夫でしょ。
2013y08m27d_214543882.jpg

2013y08m27d_214603319.jpg
今季2得点目のシュートもやはり逆足の右足のフリハン

65分、マレー、ラウリーに代えてレコインテ、ヒューズ投入。
    イマイチしっくり来ない試合展開はやはりヒューズ不在が大きい様子。
    1トップには17歳レコインテが入る。

77分、1点差を守るためにMFルーク・ヤングを下げてDFリチャーズを投入。5バックに変更。


2-1の逆転勝利。
MOMは相手のFW。パスがイマイチ回らずFWへの縦ポンサッカーになってしまった。
やはりヒューズの存在感というのはそれだけ大きいようだ。

DFネルソンが5枚目のイエローを貰い累積警告で次節出場停止処分を受けた。

○2-1 1位
G:ハービー(p/3)、フリハン(2)




2013y08m27d_220723431.jpg

2013y08m27d_220810393.jpg

いまだに今季負けなし。
前線からのプレッシングサッカーがハマり負けないサッカーが完成した。
あとは主力レベルの選手が加入すれば圧倒的優勝できそうだが・・・。

勝つだけの作業は嫌だから特徴的な選手を獲得したい。
そのためのマット・スミス。☆はそんなに多くないが、199cmの高さを活かしたサッカーをやりたい。
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/09/09(月) 19:03:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

plymouth7 | ホーム | plymouth5

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/140-7f6060f0

| ホーム |