名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

fleet11

3/2  第37節
    vs Kidderminster (7/A)



FAトロフィー、ベスト8で敗れた相手。
あの時はリーグ戦連敗でそれどころではなかったが、タイトル獲得の機会を奪われた相手。
きっちりプレーオフ圏内から遠ざけ、お返ししたいところ。


G: エドワーズ
D: ストーン、ロレイン、サヴィル、ハウ
M: バレット、マルワ
   カリュー、フィップ、スコット
F: アラビ

SUB:レテ、PJ、ベラミー、アジーズ、エルダー


19分、カリューのスルーパスで抜けだしたアラビが冷静に決め1-0。アラビの躍動感が戻ってきた。
28分、相手のクリアボールをバレットが跳ね返すとフィップへ渡り確実に決め2-0。フィップは2試合連続ゴール。
30分、スコットの切れ込みからアラビへ。冷静に決め3-0。

36分、マルワが高い位置でボール奪取。即座に走りだすアラビ。パスが通ると確実に決めハットトリック達成。


56分、スコットが削られていたため交代。最近不調のアジーズ投入。
74分、マルワ、サヴィルを下げてベラミー、PJ投入。


これは本当にフリートなのか。
シュート11本で枠内9。こんなの初めて。
フィップをトップ下に入れてからとにかく前線が活性化された。
フィップが上手いポジショニングを取ることで誰かがフリーになる。だから枠内が増えた。


○4-0  2位↑

G: アラビ(17,18,19)、フィップ(8)





3/9  第38節
    vs Newport Co (16/H)



G: エドワーズ
D: ストーン、ロレイン、ウォルシュ、ハウ
M: バレット、マルワ
   カリュー、フィップ、スコット
F: アラビ

SUB:サヴィル、レテ、ベラミー、アジーズ、エルダー


2分、アラビのパスで裏を取ったスコットが決め1-0。スコットは2桁となる10得点目。
12分、カリューのCKにDFウォルシュが頭で合わせ2-0。ウォルシュは今季初得点。

33分、LSBハウがエリア内に侵入。バレットのロングパスをハウが頭で落とすとフリーになったアラビが決め3-0。


61分、途中出場のFWに決められ3-1。
63分、カリューがドリブルで持ち込み速いボールを入れると、アラビがルーズボールを押しこみ4-1。

64分、アラビ、スコット、マルワに代えてエルダー、アジーズ、ベラミー投入。

66分、相手MFが2枚目のイエローを貰い退場。

69分、裏を取られ4-2。
72分、DFの寄せが甘く決められ4-3。守備的にしすぎたか。退場者出してから2失点。


気が緩んだのか後半で3失点。
選手を怒ったらちゃんと反省してやる気を出してくれた。

今季初のセットプレーからドンピシャヘッドでのゴール。
こぼれ球はあったが、頭で合ったのは初めて。

5連敗、1引き分けの後の5連勝。


○4-3  2位↑

G:スコット(10)、ウォルシュ(1)、アラビ(20,21)






3/12  第39節
     vs Alfreton (12/A)



中2日での試合。週2での試合はメンバーをいじる。


G: エドワーズ
D: ストーン、ロレイン、サヴィル、グイリム
M: ベラミー、シッタ
   アジーズ、フィップ、スコット
F: エルダー

SUB:ウォルシュ、レテ、バレット、カリュー、アラビ


メンバーを6人変更。
左SBは怪我から復帰のグイリム。ダウティは運動量こそあるがプレーは微妙になってきた。
移籍直後はモチベーションからか良いプレーを見せていたが、最近は低評価を連発。


支配率7割ながら決定的場面を作れず苦戦。
そんな中36分、グイリムがファールを犯しPK献上。決められ0-1。控え組が足を引っ張る。

更に39分にも失点。後が無い。


42分、シッタのロングボール。相手DFが拾うとするがGKと交錯。ボールは転々と転がりDFのオウンゴールとなり1点返す。


HTで2枚替え。
機能してなかったFWエルダーに代えてアラビ投入。そしてグイリムに代えてレテ。グイリムは最後の試合となるだろう。
プレー経験のないレテを左で使うほどの懲罰交代。

67分、フィップに代えてカリュー投入。システムも3-6-1に代えて攻撃的に。


76分に闘将ロレインを前線に置くパワープレー発動。最後の足掻きを見せる。

すると、なんということでしょう。
81分にアジーズの放り込みをロレインが頭で叩きこみ2-2の同点になったではありませんか。

セオリーだとロレインを後ろに戻し安定した試合運びをさせるが、逆転を信じてそのまま。
実はこの5連勝で首位と1試合未消化で6ポイント差と肉薄してきている。自動昇格の可能性を賭けたい。
プレーオフ圏外は結構遠くなったし。

そんな馬鹿は考えをあざ笑うFWクレイトンのゴール。その間わずか30秒。


2-3で試合終了。首位とは6ポイント差のまま。
圏外の6位とは8ポイント差となっている。

この試合は久々に枠に当たりまくった。あの連敗地獄のような悪い流れにならなければいいが。

●2-3  2位

G: OG、ロレイン(2)






3/16  第40節
     vs Southport (10/H)



G: エドワーズ
D: ストーン、ロレイン、ウォルシュ、ハウ
M: バレット、マルワ
   カリュー、フィップ、スコット
F: アラビ

SUB:サヴィル、PJ、ベラミー、アジーズ、エルダー


ここに来てメンバーが固まってきた。プレーオフどんとこい。


何かおかしい。40分たってシュート0。
相手の5バックに完全に防がれている。エリア遠くでパスを回すのみでまったく勝負できない。

これは完璧に対策取られたな・・・。
5部でこんなに早く対応されてしまうとは。


スコットとアラビの2トップに変更してもあまり良くならず。
相手の守備に翻弄されている。これは楔のパスを1本も通せないボランチの責任でもある。
でもそんなこと言ったってパスの能力が色のつく11以上ある選手って一人もいないんだもん・・・。


61分、スコットが負傷。FWエルダー投入。2トップのまま。

相手が交代枠使いきったためこちらも動く。
70分、バレット、カリューを下げてベラミー、アジーズ投入。


チキンな選手たちが全然シュートを撃ってくれない。
そして76分、相手のロングボールをロレインがクリアミス。FWに拾われ失点。

失点してからは枠外ばかりだが積極的にロングシュートを狙っている。
すると84分、ベラミーのロングシュートはクロスバー直撃。跳ね返りがGKの背中にあたって入り同点!


そのまま猛攻を続けたフリート。
後半ATでフィップがロングシュートを狙うとこれもポスト直撃。それでも跳ね返りをアラビが執念で押し込み逆転!!


首位と3ポイント差。
これはもう捉えたと言って差し支えないだろう。
シーズン終盤のデットヒートになる。


○2-1  2位

G:OG、アラビ(22)






2013y05m26d_130112084.png
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2013/06/15(土) 00:02:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

fleet12 | ホーム | fleet10

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mira09kz.blog98.fc2.com/tb.php/115-ec12834e

| ホーム |