名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

bei3



動画テスト。スポルティング戦。
上げ方は把握したけど、ハイライトがゴールシーンしかないのが残念だなぁ。
普通のシーンも入れれるけど、自分でどこからどこって録画しないといけないから大変だ。
エンコード、アップロードも時間かかるし毎試合は面倒です。たまにやることにします。

左右ピッチ、カメラ変換でいちいちカメラが逆サイドから追っかけるのはどうにかならないんですかね。
映像視点をゴール裏とかからにすればいいんだろうけど、やっぱりこの角度がいいし。


013741505.jpg
ユースに所属している17歳CB。このクラブで一番の実力者。
アダナスポルではクルトという化け物が生成されたが、今回はここまでだった。
それでも成長すれば大型CBとして活躍できるかもしれない。
トップチームのトレーニングキャンプにも帯同させ選手を大幅に削る来季にはトップチーム入りがあるかもしれません。
潜在能力が2部で優れたレベルまでだが、守備専としてならある程度まで成長してくれれば。

14では翌年も凄い新人が湧いたけど今作はどうなんだろうか。
他クラブの3部とかにもドリブル上手い選手とか結構湧いてて今作も面白い人材湧きやすいかも。
ただこのクラブのユース施設は最低レベルだし、新人リクルート網もわるいからこのクラブでは湧きづらいかも。



7/30 タッサ・ダ・リーガ
vs レイションイス (H)



FW:ロッジャ
MF:パウリーニョ、インディオ、チャパロ
   ジュニア、エドゥ
DF:ビニャ、レイス、エンリケ、マナファ
GK:マルシオ

SUB:カブラル(16)、ディエゴ、ノゲイラ、アシス、ソウサ、エジバンジオ、ナジソン

故障:レゴ、セバイヒ


GKレゴの負傷でユースから16歳GKカブラルを招集。
背番号10のセバイヒが試合前日に頭部の打撲で10日間の離脱。
20歳のパウリーニョが先発し、エジバンジオがベンチ入り。


2つある国内カップ戦の内の一つ、タッサ・ダ・リーガ。
大会規定はポルトガル人を先発で2人使うこと。今日は5人が先発。

相手は4-1-4-1のシステム。攻撃的だった一部と違って若干守備的な2部戦はどうなるか。



【 続きを読む 】
スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 20:20:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ