名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

リンカーン11

年間最優秀監督賞を受賞。
最優秀選手にジャミル・アダムが2年連続で受賞。

5万€の2年契約でメインスポンサーと契約。昨季は3.4万€。

理事会から予算を提示される。今季は120万€となった。昨季節約して良かった。昨季は75万€。

2期前は65万€の赤字。昨季は11万€の赤字。
徐々に赤字を減らしてきている。今季は黒字化したい。お客さんが増えなきゃ始まらない。





欲しかったアラン・スミスが契約延長した!
しかもブリストル・ローバーズは3部から降格し来季は4部で戦う相手。欲しかったのに!

有名人枠どうしよう。誰か良い有名人居ないものか。


32歳や33歳で引退する人多すぎ!!
もう少しフットボールへの情熱を絶やさないでください
なんかたくさんの有名選手が33歳前後で引退宣言してるの見ると悲しくなってきた
ひと粒の涙が

32歳シシーニョ、ブリッジ、スキラッチ
33歳ベラミー、ヤクインタ、アウレリオ、マウリ、デイビッド・ダン、アマウリ、カリュー、ダビド・スアソ
34歳ティモシュク、サラジェタ、ダイアー、ルイ・サハ
35歳カルバーリョ、ファンブイテン、ラウル、ギャラス、トレゼゲ、グジョンセン、マハダビキア、ディスタン、ヘスキー
36歳ニステルローイ、バラック、K・デイビス、ボメル、ディ・バイオ、トーニ、ザンブロッタ、カモラネージ、フィル・ネビル
37歳クレスポ
39歳サネッティ


下の方は書き始めて便乗してお疲れ様でしたという意味も込めて書いちゃったけど
明らかにまだ引退しないでいい選手がたくさんいる。
パッと見ただけでこんなに居た。もっと居るでしょう
こんなにすぐ引退されちゃ下でまったり楽しむ方法が限られちゃう。
以前の作品はもう少し粘り強かった気がするけどなああ







6/9  ギャリー・ウォレス選手 加入のお知らせ


FWギャリー・ウォレス(34)が加入。
2期前に所属していたFWで11‐12シーズンは30試合に出場7得点。
昨季スコットランド2部に移籍し15試合で5得点を記録していた。

途中で書いたけど手違いでの補強。





6/9  ジョエル・アンバル選手 加入のお知らせ


WBAからFWジョエル・アンバル(18)を獲得。
186cm83kgで高さでは無類の強さを見せる。
また技術も備えておりドリブルでの仕掛けを持ち味としている。

高さは強いがプレイスタイルにドリブルを頻繁にするは果たして大丈夫なのだろうか。
4部だし大丈夫かな・・・。





6/9  アシュリー・ヘミングス選手 加入のお知らせ



ウォルバーハンプトンからFWアシュリー・ヘミングス(22)を獲得。
173cm73kgでスピードスター。所属選手の誰よりも足の速い選手。
昨季はレンタル先の3部で37試合9得点を記録。

5年契約、年俸2.8万€で合意。

下部リーグでは足の速い選手は絶対に有利なはず。ジャミル・アダムの後釜には最適だと思う。
とりあえずFW3人獲得。ウォレスは出番ないです。ごめんなさい。





6/15  ジェイミー・スチュアート選手 引退及びコーチ就任のお知らせ


DFジェイミー・スチュアート(36)が引退を決意。
今季限りで引退を表明しました。

通算513試合17得点。
即座にコーチに就任。500試合以上に出場した経験を選手に伝えて欲しいです。





6/20  ジョン・ボストック選手 加入内定のお知らせ


トッテナムMFジョン・ボストック(21)が7/1にフリー移籍で入団が内定。
クリスタルパレスの下部組織出身でトッテナムに08-09シーズンに引き抜かれる。
しかしトップチームに昇格することが出来ずレンタルで渡り歩いていた。

3年で58試合7得点を記録。

178cm75kg、ドリブルが持ち味のアタッカー。





6/22  スコット・ウットン選手 加入内定のお知らせ



マンチェスター・ユナイテッドDFスコット・ウットン(21)の入団が内定。
リバプールの下部組織出身で07-08にユナイテッドに引き抜かれる。

186cm82kg、高さには自信を持っており強豪出身に相応しいメンタリティーを備えている。
21歳だが将来のキャプテン候補。引きぬかれなければ。





とりあえず補強は打ち止め。
DF1、FW3人補強しました。(ウォレス除外ボストックFW登録)
ボストックはトップ下の選手だがボランチでもプレー可能なのでもしかしたらあるかも

今のところ退団が決定しているのは左サイドバックのブラックマンと期限付で来たタルボット、ヒバートの3人。
ジャミル・アダムも売却予定だが最後の最後に大怪我を負ってしまったので買い手がつくか・・・。


サイドハーフが欲しい。ドリブラー。でもそんなに適した選手は市場に出ていない。
うちに来る気がない。






7/9  ジャミル・アダム選手 ミルウォール移籍のお知らせ



FWジャミル・アダム(22)を2部ミルウォールに移籍金30万€で放出。
2シーズンで82試合69得点を記録。インプスの伝説となるでしょう。

所属選手の中で何人か好きな選手にジャミル・アダムを挙げていたので
暴動でも起きるのかと結構ヒヤヒヤしましたがとりあえず何も起きず。

元インプスの伝説的な選手のグラント・ブラウン(43)は
この移籍は間違いでファンと監督の間に溝ができると発言。
たしかにそうかもしれないけど今季で契約満了だしお金欲しかったから・・・。
赤字球団を持つ苦労です。
30万€は4年の分割で受け取ることになりました。利息もいくらかつくだろうし経営にプラスとなるでしょう。

エースを自分の意思で放出したのは初めてだ。





7/12  テストマッチ
     vs Blackburn (H)


スコット(22)
アトキンソン(20)、ウットン(21)、ホーン(23)、ナッター(31)
ソーンダース(29)、オキーフィ(24)、エバンス(18)、ジャックマン(30)
ボストック(21)
ヘミングス(22)


新加入のウットン、ボストック、ヘミングスが先発。この3人は主力です。
生え抜きのホーンがセンターバックの相方を務め控え1番手にケネディか。ワッツは昨季もミスが多かった。

今季はボストック次第で4-4‐1‐1をやっていくつもりだがどうなるか。
ダメそうなら4-4-2に戻してボストックをボランチにするかFWにコンバートします。


11分、H:オキーフィはエリア外からパスを出すと思いきや持ち込んで左足で決めインプスが先制!
      意表をつく突破でDF陣が反応できてなかった。素晴らしい。
30分、A:アトキンソンがクリアできず奪われてからFWキーナストに決められ1‐1


1‐1で終了!
ボストックがヤバイ。こんなにドリブルで仕掛けてチャンスを作る選手が4部に来たとは。
チェルシーのマタみたいな存在感。





7/16  テストマッチ
     vs Barnsley (H)



3部相手

○2‐1  G:アダムス(1)、エバンス(1)





7/20  テストマッチ
     vs Stoke res (H)



ストークリザーブ

7分、H:ボストックが1対1を仕掛けるとDF一人かわして強烈なシュートを流し込みインプスが先制!
27分、A:オキーフィがエリア内でキャメロン・ジェロームを倒しPK献上、決められ同点
40分、A:ジェロームの突破から決められ1‐2
43分、H:ジャックマンのクロスからソーンダースはキープできないが
       こぼれ球を拾ったFWアンバルが冷静に左隅にポストに当てながらも決め2‐2!
58分、A:ジェロームに決められて2‐3


●2-3  G;ボストック(1)、アンバル(1)





7/22  ビリー・グランガー選手 加入のお知らせ


トッテナムからGKビリー・グランガー(19)を獲得。
185cm83kgでイングランドU19代表に選出されている。

超人的な反応で1対1に絶対的な自信を持ちスーパーセーブを連発できるもコーチングが出来ない。
プレミアでよくみる超反応型GKのスモール版です。


コーチングだけできるスコットと反応だけ良いグランガー。
どっちの起用がいいのだろうか。とりあえず今は代表に招集されてて合流していない。






7/24  テストマッチ
     vs Bury Town (A)




31秒、ボストックのゴールで先制
9分、ソーンダースのクロスのこぼれ球をボストックが豪快に叩きこんで2‐0
17分、ボストックがミドルシュートを決めハットトリック達成


○3-0  G:ボストック(2,3,4)





GKダニエル・イースト112
DFジョシュ・ゴーリング513
DFライアン・リゲット2134
DFウィル・ロードン3836
MFサム・ソーンダース107
MFアダム・フォーショウ1121
MFジミー・ロジャース1725
MFダニー・ラッチ2615
MFダニー・ジャックマン3017
FWジャック・アダムス159



                 昨季
試合
得点通算
試合
得点主な前所属
新加入1GKビリー・グランガー19185cm
83kg
R1.6万€
2018
1616トッテナム
3年目3DFジョン・ナッター31178cm
72kg
L3.4万€
2014
2531011ジリンガム
5年目4DFアダム・ワッツ25188cm
79kg
R3.1万€
2014
37413910フラム
新加入5DFスコット・ウットン21186cm
82kg
R3.7万€
2018
21511マンU
8年目6DFダニー・ホーン23194cm
77kg
R3.5万€
2014
28417817昇格
3年目7MFサム・ソーンダース29168cm
71kg
R6.8万€
2015
37234643ブレントフォード
4年目8MFジョシュ・オキーフィ24191cm
77kg
R3,7万€
2017
34312413ブラックバーン
3年目9FWジャック・アダムス20173cm
71kg
R1万€
2016
35165625シェフィールド
新加入10MFジョン・ボストック21178cm
75kg
L6.8万€
2018
233587トッテナム
新加入11FWアシュリー・ヘミングス22173cm
73kg
R2.8万€
2018
3796912ウルブス
3年目12GKダニエル・イースト20186cm
87kg
R2.8万€
2016
814ウルブス
4年目13DFジョシュ・ゴーリング29190cm
79kg
R3.3万€
2014
2412579ジリンガム
3年目14MFマイケル・キング21181cm
68kg
L3.7万€
2014
18311バーンリー
2年目15MFダニー・ラッチ25178cm
64kg
R2.4万€
2016
17991キルマーノック
2年目16FWアシュリー・ミラー19173cm
61kg
R3.7万€
2017
405476ジリンガム
2年目17MFダニー・ジャックマン30163cm
61kg
L3.5万€
2015
27832628ジリンガム
3年目18GKマーク・スコット22183cm
83kg
R3.8万€
2015
3896スウィンドン
2年目19FWサイモン・レニガン19188cm
74kg
R3600€
2017
6172リーズ
3年目20DFキーラン・ケネディ19186cm
84kg
R7000€
2016
2226マンC
2年目21MFアダム・フォーショウ21178cm
74kg
R3.1万€
2016
261271エバートン
3年目22MFジョージ・エバンス18172cm
67kg
R2万€
2014
341421マンC
2年目23GKルイス・キング20189cm
88kg
L3600€
2017
サンダーランド
2年目24FWコナー・テイラー20170cm
63kg
R8000€
2017
1414アストンヴィラ
2年目25MFジミー・ロジャース20188cm
90kg
R1万€
2017
132182ミルウォール
2年目27FWジョーダン・トマシュ18187cm
83kg
R3600€
2018
55昇格
2年目28DFアダム・リーチ20183cm
71kg
L1.8万€
2017
6293ミドルスブラ
2年目29DFデイビッド・アトキンソン20178cm
76kg
R3.1万€
2017
1417ミドルスブラ
3年目34DFライアン・リゲット18190cm
88kg
R3600€
2014
9昇格
2年目36DFウィル・ロードン18173cm
70kg
L3100€
2018
44昇格
復帰
2年目
38FWギャリー・ウォレス34178cm
70kg
R5000€
2014
15733270フォーファー
新加入39FWジョエル・アンバル18186cm
83kg
R8000€
2018
WBA







基本フォーメーションは4-4‐1‐1

新エース、ボストックを存分に活かす戦術です。
オプションに昨季起用していた4-4-2。ボストックをボランチに下げ2トップを組ませます。



7/27  テストマッチ
     vs Lowestoft (A)




3分、A:オキーフィがエリア外から冷静にシュートを流し込みインプスが先制
56分、A:ソーンダースのクロスにジャックマンが飛び込んで2‐0
88分、A:ヘミングスからパスを受けたミラーが決め3‐0


セミプロ相手にあまり満足のいく試合ではなかった

○3-0  G:オキーフィ(2)、ジャックマン(1)、ミラー(1)






7/30  テストマッチ
     vs 6部(A)




7分、A:ボストックが右サイドを爆走、一人振り切ると中に切れ込みクロスを供給
     ファーサイドに上がったジャックマンが決めインプスが先制
36分、A:ソーンダースの駆け上がりからのクロスにボストックがダイレクトで合わせて2‐0


○2‐0  G:ジャックマン(1)、ボストック(5)





8/2  テストマッチ
    vs Leeds (H)



今季プレミアリーグに昇格したリーズと最後のプレマッチ。

53分、H:ボストックが引きつけてからパスを出すとアダムスがGKに詰め寄られながらも決めインプスが先制!
66分、A:FWフォーセルに豪快なミドルを決められ1‐1

93分、A:左サイドからのクロスに飛び込まれ1‐2逆転負け




前半はスローテンポな試合で両チーム特に何もせず終了。
しかし後半から試合はヒートアップ。
まず試合の流れを掴んだのはホームのリンカーン。アダムスの得点で先制。
このままインプスが押せ押せかと思われた66分、フォーセルの豪快なシュートで同点にされると
リーズの時間へと変わっていく。

腹を括ったインプスは80分位から打ち合いを挑み攻勢に転じる。
リーズは自陣に押し込まれインプスが一方的に攻め立てる。
しかし無謀な攻勢には危険が付き物。カウンター一発で沈み敗戦。


トップリーグ相手に価値ある試合をしたかな。勝ちたかったけど。
シュート数は同数の11本。枠内は2本多い6本。惜しいシーンもあった。


●1‐2  G:アダムス(2)





新加入の21歳DFスコット・ウットンがキャプテンに就任。
前キャプテンだったアダム・ワッツ(25)は副キャプテンを務める。

ウットンは21歳でのキャプテン就任に不安を抱えているようですが
マンチェスター・ユナイテッド出身で一番のキャプテンシーを備えているので頑張って欲しいです。
ワッツと違ってレギュラーですしね。




開幕は次号。
年俸予算は40万€余ってますが
この辺になってくると年俸が高いです。一人10万€以上はザラ。
所属選手の年俸が安いのであまり高い選手を獲得する気持ちがありません。
でも誰か獲らないと。主軸になる頼れるベテラン。ソーンダースよりもジャックマンよりも頼れる知名度のある主力。

誰かいないかな~


スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 18:29:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ