名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

3/10

第12節  H QPR ○1‐0  6.8

後半ATにCKからウッドゲートのヘッドで1‐0で勝利。



13節  H ブラックバーン △1‐1  5.8

先制を許すもフラーのごーるで同点。
ウェバーは試合に入れず、守備難。



14節  A エバートン ●0‐2  5.5

守備の対応に追われ敗戦


15節  H トッテナム ○2‐0  6.8

快勝


16節  A マンC ○1‐0  6.8

守備ではD・シルバに仕事をさせず。
8位浮上。



17節  A ウルブス ○2‐0  7.1

2得点とも起点となる活躍。



18節  H アストンヴィラ ○2‐0  7.2

得点のチャンスがあったものの決められず。ヘディングでのシュートはわずかに枠の左。



19節  A ブラックバーン ○1‐0

疲労により欠場
フートが退場するもジョーンズのゴールで勝利



20節  H ウィガン ○2‐1

2試合連続でメンバーから外される
6連勝で4位。



FAカップ H マンU  ○1‐0 5.7

攻撃でことごとくラファエルに止められ活躍できず。



21節 A リバプール  △0‐0  6.9

レノンと対峙しなんとか頑張った。


スポンサーサイト
  1. 2012/03/10(土) 19:37:32|
  2. FIFA12配信|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2/25

第2節 A ノリッジ ○1‐0  評価6.9

ストークが試合を支配しクラウチのゴールで1‐0で勝利。
ウェバーはチームのファーストシュートを放つなど積極的に攻撃参加した



第3節 A WBA △0‐0 評価6.1

WBAの攻勢に防戦一方。
何も出来ず。



カーリングカップ H マクルスフィールド ○3-0

ウェバーは欠場。
ジョーンズ、ウィルキンソン、エザリントンのゴールで勝利。



第4節 H リバプール ○2-1 評価6.6

ダウニングの先制を許すもクラウチの2得点で逆転勝利。
マッチアップしたレノンにはスピードを活かされるも決定機は作らせず。



第5節 A サンダーランド ×0-1 評価6.1

90分、ウェバーが最終ラインを崩し失点。
クラウチが怪我で7ヶ月の欠場。



カーリングカップ H バーミンガム

ウェバー欠場。



第6節 H マンU ○1‐0 評価6.8

ロベルト・フートのCKからの得点で勝利。
マッチアップしたバレンシアに何もさせず、守備面で頑張った。



第7節 A スウォンジー ○3‐2  評価7.4

3点リードしながら最後20分で2点返されピンチになるも守りきった。
ウェバーは前半良かったが最後の失点に絡むなど集中力の欠如を露呈。
マッチアップしたネイサン・ダイアーに対応できない局面もあった



第8節 H フラム ×0‐1 評価6.3

フラムの波状攻撃にやられ完敗。
現在4勝1分3敗で8位。



第9節  Aアーセナル ×0‐1 評価6.2

防戦一方。終了間際にジェルビーニョに決められ敗戦。
マッチアップしたウォルコットに対応できず。組織で守っていたが失点。



第10節 H ニューカッスル ○2‐1 評価5.9

開始直後にウェバーのミスからカバイェに決められ先制を許すとニューカッスルの一方的な試合。
しかし終了間際にハンドからPKを獲得、ジョーンズが決めATにCKからウッドゲートが頭で決め逆転。
劇的な逆転勝利。
ウェバーは何も出来ず。



第11節 A ボルトン ×1‐2 評価5.9 

守備の軽さから失点し逆転負け。


  1. 2012/02/25(土) 23:40:10|
  2. FIFA12配信|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2/23

FIFA12配信、キャリアモード始めました。
ブログで結果を簡易的に書き残します。

イングランドプレミアリーグで開始。ストーク・シティに入団。
20歳のイングランド人Mike Webberは左サイドバックが本職の右利き。
プレシーズンマッチからレギュラーの座を与えられる。

フライブルグ、ディジョンとの試合には敗れローマとの試合は引き分け。シーズンインする。


ストークはCBのショークロスをヴォルフスブルグに1000万€で放出し守備の要を失う。
補強はなくCBはウッドゲート、フート、アップソンの3人+α

そんな中チェルシーとのホームでの開幕戦を迎える。

スタメン

GK: ベゴビッチ
DF: ウィルキンソン、ウッドゲード、フート、ウェバー
MF: ペナント、ウィーラン、デラップ、エザリントン
FW: クラウチ、ジョーンズ


第1節 H チェルシー  ×1‐2
マッチアップしたサロモン・カルーのスピードに対応できずカルーのMOM級の活躍により1‐2で敗戦。
オーバーラップからチャンスを作ったが決めきれず。
クラウチの決定力のなさが露呈



こんな感じで簡易に書きます。


  1. 2012/02/24(金) 01:57:56|
  2. FIFA12配信|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

目次

FIFA12 ストーク編

2/23
2/25
3/10




  1. 2011/02/24(木) 01:58:16|
  2. FIFA12配信|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |