名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

ペル10

4/28
第29節
vs Nocerina (4/A)



最終難関。4位の相手とアウェー戦。
プレーオフはヤバイ。グロッソ、パブリク不在だ。


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
マルキオンニ、スコッツァレッラ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、アナニア、レブラン、パオネッサ、エスポージト、ムタレッリ、ポンテ


ノチェリーナは3-4-3のシステム。
そのサイドを狙うかのように8分、ジェフェルソンのパスで裏を取ったMFスコッツァレッラがニアを打ち抜き1-0。

24分、ペルージャの猛攻。攻撃に転じれば中盤まで前線に駆け上がる強烈なカウンターアタック。
    最後はディタッキオからパスを受けたファビーニョが右隅に流しこみ2-0。
    前線から攻めるように守り、プレスを掛け奪ったらすぐにカウンターというサッカーはとうとう完成した。
    しかしイエローが多い。

逆転の発想。相手の3トップは怖い。しかしその分後ろの枚数は少ない。
下がらず前線からプレスを掛け3トップにボールを入れさせない。


41分、MFのオーバーラップをカバーしきれず、決められ2-1。

46分、パポーニが高い位置でボール奪取。クロスはクリアされるが、ディタッキオが拾って決め3-1!


前半で3得点。超攻撃的戦術がうまくハマった。
1失点はモッタイナイが、あそこが空くのは戦術的に仕方ない。
後半は前半と打って変わって守備的に。最終ラインを深く設定し、カウンターも少数で狙う。

3部のペルージャにおいてあのプレッシングサッカーができるのは45分が限界。
後半はゆっくり進めて行きたい。


67分、スコッツァレッラ、ファビーニョを下げてパオネッサ、ムタレッリ投入。中盤を厚くする。

70分、相手のシュートがポスト直撃。跳ね返りがGKコプリベチの背中に当たり、こぼれ球を押しこまれ3-2。
75分、ダビド・スアソに代えてDFレブラン投入。

80分、マルキオンニが決めて4-2。マルキオンニは移籍後初ゴール。


2失点したものの4得点で快勝。
しかし首位ピサも12位相手に2-1で勝利し勝ち点差1のまま最終節へ。
ピサはホームで3位パガネーゼと。ペルージャもホームで13位カラネーゼと。
3位のパガネーゼは既にプレーオフ出場権を獲得しているのでベストメンバーでいくのかどうか。

一切触れなかったけど財政問題か八百長問題か何かは分からないが、
ペルージャはシーズン前に勝ち点を1減点されている。
同着にならないだろうとか昇格ないだろうとか思っていたから触れなかったが、まさかこれが響くとは。
もしこれがなければチーム間成績により勝てば昇格が決まっていた。
ピサが引き分けるのを願わなくてはならないとは。


2013y02m12d_081033243.jpg




ペルージャと5年間の契約延長で合意。年俸は下限の3.9万€で合意した。
今の年俸が9.1万で5万も減額したが、監督の年俸なんて意味ないので来季以降少しでもお金が楽になるように。

今季ペルージャはこれまでに93万€の赤字を垂れ流している・・・。





5/12
第30節
vs Carrarese (13/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
マルキオンニ、スコッツァレッラ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、アナニア、レブラン、エスポージト、ムタレッリ、パオネッサ、ポンテ


泣いても笑っても最終戦。ストレート昇格かプレーオフか。



10分、ピサがPKを与え失点。ペルージャが同勝ち点で首位に立つ。

13分、負傷したダビド・スアソに代えてポンテ投入。
14分、ポンテが猛烈なプレスを掛けると、クリアミスをスコッツァレッラが拾いファビーニョへ。
     ファビーニョが冷静に決め1-0。7試合連続ゴール。


17分、晴れていたのに急に大雨が降り出す。嵐となるか。

20分、CKからのこぼれ球、リバルタが速いクロスを入れるとファビーニョがダイレクトで流し込み2-0!!
     後はピサの結果を待つのみ。現在は0-1。

25分、ピサFWペレスがゴールを決め1-1の同点。まだペルージャが首位だが・・・。
28分、マルキオンニも負傷退場。ムタレッリ投入。

40分、ムタレッリの放り込みのこぼれ球をパポーニが決め3-0。
    2月13日以来のゴール。

そして42分、ピサFWペレスがまたもやゴールを決め2-1。ピサが首位浮上。最悪だ。
スアソとマルキオンニも怪我した。プレーオフか・・・。45分にもゴールが決まり3-1。決定か。


61分、パポーニが持ち込み最後はディタッキオが決め4-0。

76分、FKからダイレクトで合わせられ4-1。
85分、ファビーニョに代えてパオネッサ投入。

90分、ムタレッリも負傷退場。10人に。


テストがてらにプレッシングサッカーを90分間続けたら後半ミス連発でボロボロだった。
その上ムタレッリまで負傷・・・。優勝も逃し、プレーオフに向け暗雲立ち込める。


・マルキオンニが臀部を負傷し3ヶ月の離脱。このまま契約満了か。


2013y02m12d_112354463.jpg




プレーオフ抽選の結果5位フロジノーネとのアウェーマッチに決定。
過去の対戦は2勝0敗と完全に上回っている。
しかしペルージャは右サイドのレギュラー、マルキオンニを失った。



・FWファビーニョ(21)がペルージャのシーズン最多得点記録を更新
 1988年にファブリツィオ・ラバネッリが記録した23得点を更新する25得点を決めた。





5/26



2013y02m13d_021236943.jpg



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、アナニア、レブラン、グロッソ、エスポージト、パオネッサ、スアソ

怪我:パブリク、マルキオンニ


グロッソがベンチ入り。
フロジノーネは4-3-3。相手のホームだが、構わずプレッシングサッカーを仕掛ける。


10分、CKからDFリナウドが頭で決めペルージャ先制!やはりこの男の頭は頼りになる。移籍後2点目。
21分、カウンターから抜けだしたムタレッリが決めて2-0!ムタレッリは移籍後初ゴール。

いつもは畳み掛けるため前半全てプレッシングで行くが、2点差ついたので落ち着かせることに。

41分、スコッツァレッラの浮き球のパスを受けたポンテの落としをディタッキオがダイレクトで右隅に決め3-0。
43分、相手CBのクリアミスをファビーニョが詰めて4-0。


赤いユニフォームを来たゴール裏スタンドで発煙筒が焚かれる。
恐らくペルージャ側。初めて見た。シリーズでは今作が初でしょう。たぶん。
今季1試合も焚かれなかったはずだが、プレイオフでたまらず焚かれた。発煙筒まで出てくるとは。
事件とかは搭載されないでほしい・・・。それは大丈夫か。


52分、ディタッキオのロングシュートはGKに阻まれるが、こぼれ球をパポーニが押し込み5-0。


66分、ジェフェルソンに代えてアナニア投入。後は怪我人を出さないように試合を終わらせるだけ。


71分、ランタイムエラーで落ちる。
アップデートしてから短期間で2度目。1.23やばくないですか。



同じメンバーで試合開始。5-0だったのにモウ1回やるのか・・・。


10分、ファビーニョからパスを受けたポンテが左隅狙い澄まして決め1-0。

23分、サイドチェンジからフリーの選手に決められ1-1。
     前の試合と違って攻められるシーンが目立ってたから嫌な予感してたんだよなぁ・・・。

24分、スコッツァレッラのパスを受けたパポーニが反転して即シュートを狙うと左隅に決まり2-1!!


46分、くだらないパスミスから決められ2-2。

72分、ディタッキオ、ファビーニョを下げてパオネッサ、スアソ投入。
     あくまで目指すは勝利。前線からのプレスを強化。

74分、すぐさま成果は出る。カウンターの場面スアソからパオネッサへ。
     パオエッサのキープから飛び出したムタレッリが決め3-2!ムタレッリは移籍後初ゴール。

82分、カウンターから決められ3-3。どうなってるんだ。
85分、リベイロに代えてグロッソ投入。


5-0が3-3へと早変わり。
かなり攻められる場面が目立った。攻撃的なサッカーの悪い部分がフルに出た感じ。
前の試合はいいところがフルに出たのに・・・。
3度リードして追いつかれているのはいただけない。きっちり修正しなければ。

規定にアウェーゴールはなく同点の場合は順位の高い方となっているので次引き分けなら決勝進出。



2013y02m13d_034823758.jpg


・RSBアナニア(29)が練習中にすねの疲労性骨膜炎を患い6週間の離脱。





6/2
プレイオフ準決勝2ndLeg
vs Frosinone (H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、レブラン、チェザレッティ(17)、グロッソ、エスポージト、パオネッサ、スアソ

怪我:パブリク、アナニア、マルキオンニ


アナニアが負傷しプリマヴェーラから17歳のチェザレッティを招集。
ローマから自由契約となり、今季ペルージャに入団した。
来シーズントップチームに昇格させようと思っている右サイドバック。


開始29秒、ディタッキオのロングパスで抜けだしたスコッツァレッラが決めてペルージャが先制。
戦術見てたからゴールシーンを見逃してしまうほどの早業ゴール。

38分、負傷したムタレッリに代えてエスポージト投入。
     ムタレッリ、マルキオンニの加入によりポジションを奪われた男。


55分、スコッツァレッラも負傷。ダビド・スアソ投入。まさに悪夢。


73分、今度はアプリケーションエラーで落ちた。
     しばらくやーめた。

冬のパッチ当たってから新チームでやろっかなー。





と、いいつつ懲りずにやってしまう。
ペルージャでの1年はそれほど簡単に捨てられない。


27分、FKから頭で合わせられ0-1。エラー落ちして結果が180度代わる感じなんなの。

攻撃的に進めるペルージャ。
55分、パポーニがこぼれ球を押しこみ同点。これで今のところペルージャの勝ちあがり。

67分、ディタッキオに代えてパオネッサ投入。
76分、ファビーニョに代えてスアソ投入。スアソを左サイドに置いて4-3-3に変更。

90分、ポンテに代えてグロッソ投入。


CPUが故意にエラー出して戦術対策練り直している疑惑。
本当ならトータルスコア6-0で圧勝だったのに4-4となった。
まあ勝ち抜けたからいいや。勢いはつかなかったけど。

フロジノーネとの4連戦はしんどかった。
しかしエラー落ちの解決にはなってない。たぶんセーブデータが傷んでるんだと思うけど。
またいつエラー落ちするか。


2013y02m14d_072839400.jpg



6/9


2013y02m14d_082229102.jpg


コンフェデ開幕まで1週間なのにまだ試合やってるよ。


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、グロッソ
スコッツァレッラ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、チェザレッティ、レブラン、リベイロ、エスポージト、パオネッサ、クレメンテ


直前でセーブするのを忘れ、ウォーミングアップ画面から進まない。
もう潮時ですね。セーブしながら来季にいったとしても改善するわけがない。
アップデート時にセーブデータがおかしくなっちゃったのかな。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/09(土) 06:00:41|
  2. perugia|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

peru9

3/10
第25節
vs Barletta (15/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、スアソ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、リベイロ、エスポージト、スコッツァレッラ、ファビーニョ


内容が良くない。
最近パポーニがシュートに持ち込む形を作れない。クロスも入らない。

61分、パポーニに代えてファビーニョ投入。

すると66分、スアソが左サイドを突破。切れ込んで中に入れるとファビーニョが流し込みペルージャが先制!
67分、マルキオンニに代えてスコッツァレッラ投入。

70分、スコッツァレッラがドリブルで2人抜いてファビーニョへ。DF1人抱えながらも冷静に決め2-0。
80分、グロッソが負傷。リベイロ投入。

83分、ディタッキオが高い位置でCBからボール奪取。拾ったファビーニョが決めトリプレッタ達成。



ピサがアウェーで引き分けだったため順位逆転。
残り5試合で守り切る。


2013y02m05d_184549112.jpg




・ファビオ・グロッソが練習中に肩関節脱臼の重傷を負い3ヶ月の離脱。今シーズン終了。





3/17
第26節
vs Viareggio (10/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、リベイロ
マルキオンニ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、パオネッサ、エスポージト、スコッツァレッラ、スアソ


1分、コプリベチのファインセーブ。首位に立って1試合で落ちてられない。


16分、マルキオンニの右サイドからのクロスにファビーニョがダイレクトで流し込み1-0。ペルージャが先制。

22分、パブリクがエリア内でファールをしたとしてPK献上。決められ1-1。


62分、調子の悪いパポーニに代えてスアソ投入。
75分、負傷したマルキオンニに代えてスコッツァレッラ投入。
88分、ディタッキオに代えてパオネッサ投入。


オープンな打ち合いに終始。
両チームのGKのファインセーブ合戦で結局1-1で終了。
これでまたもやピサに抜かれ2位。残り4試合で抜き返すことはできるのか。


2013y02m06d_190455494.jpg






4/7
第27節
vs Frosinone (6/A)



日程が緩すぎて逆にやり辛い。


コプリベチ
ジェフェルソン、パブリク、リバルタ、リベイロ
マルキオンニ、スコッツァレッラ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リナウド、レブラン、パオネッサ、エスポージト、ムタレッリ、スアソ


常にペルージャが攻勢になるも、決められない。優勝争いのプレッシャーからか選手もミスが多い。
それでも44分、パポーニが相手CBからボール奪取。ファビーニョが叩きこみ1-0。


後半開始直後の46分、パブリクが抜かれクロスから決められ1-1。プレッシャーに弱い。

65分、ディタッキオが高い位置でボール奪取。前線へパスを通すとファビーニョが決め2-1。
70分、パポーニに代えてパオネッサ投入。
77分、スコッツァレッラに代えてムタレッリ投入。
85分、ファビーニョに代えてスアソ投入。


アウェーながらファビーニョの2得点で辛勝。
最近内容はいいような悪いような。やはりプレッシャーからかミスが多い。
高い位置で奪ってからでしかゴールを奪えなかった。

2013y02m08d_075727480.jpg




・MFパオネッサと契約延長。14年までから17年まで契約期間を延長。
 年俸は12.5万€から6.2万€にまで減俸となる。本人から希望。
・契約満了となるMFポンテと1年契約で延長合意。
 年俸13.5万€から4.9万ユーロにまで減俸となる。


大赤字クラブ、ペルージャとなっているので助かる減俸。





4/21
第28節
vs Latina (8/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、リベイロ
マルキオンニ、スコッツァレッラ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレリ、リバルタ、レブラン、パオネッサ、エスポージト、ムタレッリ、ポンテ

怪我:グロッソ


ラティーナは4-1-4-1の布陣。

5分、敵陣でのスローインが相手に渡るとそのままカウンターで持ち込まれ決められ0-1。

ラティーナはFWまで下がり完全防戦。
こうなってくると簡単な放り込みすらできないペルージャは苦しい。

それでも36分、マルキオンニの切れ込みからのパス。受けたスアソが右隅に決め同点。1-1。
更に43分、ディタッキオのCKからFWファビーニョが頭で合わせ2-1、逆転!!久々のセットプレーでの得点。

55分、ディタッキオからパスを受けたパポーニのポストプレー。ファビーニョへパスを通すと冷静に右隅に決め3-1。


61分、DFパブリクが負傷。リバルタを投入。
67分、FWファビーニョに代えてMFムタレッリ投入。
89分、ディタッキオに代えてパオネッサ投入。


くだらないミスから失点してしまったが、見事な逆転劇。
2点差ついてからはきっちり守備を堅め、パポーニの頭狙いのカウンターできっちり締めた。


しかし首位のピサも負けない。
残り2試合。絶対に落とせない試合。連勝でいってピサにプレッシャーを掛けたい。


・DFパブリクが肋骨の骨折を負い8週間の離脱。今シーズン終了。
 DFリーダーを失うのは大変痛い。リナウド獲得していてよかった。


2013y02m11d_082356044.jpg




2013y02m11d_083107102.jpg 2013y02m11d_083407071.jpg

ファビーニョが5試合連続得点中。5試合で9得点。
残り2試合もお願いします。優勝したいんだ。プレーオフに出たくない。心臓がバクバクして嫌な気持ちになる。


  1. 2013/03/07(木) 06:00:32|
  2. perugia|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ペル8

2/3
第21節
vs Gubbio (8/H)



は雨のためピッチが冠水し延期。
せっかく1週間1試合が続いてたのにミッドウィークに試合が入ってしまった。





2/10
第22節
vs Benevento (10/A)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、リバルタ、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、レブラン、リベイロ、パオネッサ、エスポージト、スコッツァレッラ、スアソ

出場停止:パブリク


新加入3人が先発入り。グロッソも怪我から復帰。


4-4-2はいつも内容が良くスペースを使いながら面白く攻めることができるのだが
最後にパスミスしてしまうことが多い。内容が良すぎてミスが目立つ。

それでも17分、ファビーニョが1人で仕掛けるとDFを引き付けパポーニへ。
パポーニが左足で流し込み1-0、ペルージャが先制。やはりきっかけはファビの突破。

27分、相手GKのクリアを拾いカウンター。ファビーニョの持ち込みから今度はディタッキオが受けて決め2-0。


リナウド加入、グロッソ復帰で空中戦は本当に強くなった。
最終ラインに3人190cmが入っている。


69分、マルキオンニに代えてスコッツァレッラ投入。
75分、ムタレッリに代えてエスポージト。
79分、ファビーニョに代えてDFレブラン投入。


91分、いつも通り守備を堅めてカウンター狙いしていると、スコッツァレッラのクロスにパポーニが頭で合わせ3-0。



首位ピサが敗れ4ポイント差。
次のミッドウィークで勝てばとうとう1ポイント差になる。

・リバルタが累積警告で次節出場停止


2013y02m02d_231358163.jpg




2/13
第21節 振替試合
vs Gubbio (9/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、リベイロ
マルキオンニ、ムタレッリ、スコッツァレッラ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、レブラン、アナニア、ディタッキオ、エスポージト、パオネッサ、ポンテ

出停:リバルタ


過密日程。若干メンバー変更。
スアソを左サイドで先発起用。


ディタッキオとポンテの不在を大きく感じる内容。
疲れているからか、雑に長いパス頼りたがるのが目立つ。
やはり高い位置で収まる選手が居ないのは厳しい。スアソは積極的にドリブルを仕掛けてはいるが・・・。

36分、スアソの切れ込みからファビーニョ→パポーニと繋ぎ、左足で豪快に決め1-0ペルージャ先制。

66分、スアソが左サイドから切れ込む。2人抜いて豪快に突き刺し2-0。元アビスパ永里みたいなゴール。

67分、ムタレッリ、マルキオンニ、ファビーニョを下げパオネッサ、エスポージト、レブラン投入。


最近のエスポージトはパス出せない、キープできない、守備できないの三重苦に陥っている。
やはり3ボランチのアンカーでレジスタをやるしか起用法はないのか。
ダブルボランチではムタレッリのほうが絶対に良い。

などと考えていた84分、エスポージトの素晴らしいアーリークロスにダビド・スアソがダイレクトで流し込み3-0。


2013y02m03d_010346141.jpg




2/17
第23節
vs Catanzaro (13/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ディタッキオ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、スコッツァレッラ、エスポージト、パオネッサ、ポンテ


41分、ゴール前でファビーニョの落としからディタッキオがスアソに通すと右足で決め1-0、ペルージャ先制。
    スアソは2試合連続ゴール。

65分、マルキオンニが負傷。スコッツァレッラ投入。
70分、ファビーニョに代えてDFレブラン投入。5-4-1に変更。
86分、ジェフェルソンに代えてリバルタ投入。

きっちり守っていると92分、FKからDFリナウドが決め2-0。
リナウドは移籍後初ゴール。

最近きっちり守って後半ATにゴールってことが多い。


2013y02m03d_022016219.jpg





2/25
第24節
vs Pisa (1/A)


ミッドウィークで試合があったからか月曜開催。
絶対に負けられない戦い。引き分けでもいい。
ピサは最近連勝していないので食えたら最高。

2013y02m05d_144933474.jpg


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、グロッソ
マルキオンニ、ムタレッリ、ポンテ、スアソ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、リベイロ、エスポージト、スコッツァレッラ、パオネッサ


ポンテがボランチで先発。
守備に難ありだが、先に1点奪ってスコッツァレッラ投入して守備を堅める。


7分、ポンテのFKにマルキオンニが頭で合わせるがオフサイド判定。


ピサの中盤からのプレスがキツく、なかなか前を向いてプレーできない。
気合が入っているようだ。

14分、FWトゥッリに裏を取られ持ち込まれる。シュートはついていったグロッソがブロック。
     こぼれ球をMFアルベローニにフリーで狙われるが、運よく枠の上。
     ムタレッリのパスミスからピンチを招いた。
     あまりにも相手のプレスが厳しい。ポンテも下がり目にしてムタレッリと2人で低い位置で並ばせる。

14分、パポーニの持ち込みからのクロスにファビーニョが頭で合わせるがクロスバー直撃。


両チーム自分の時間を作って波状攻撃を仕掛ける。
首位攻防戦にふさわしい試合。コプリベチは絶好調。


ピサは疲れてきたのか30分過ぎからはプレスがあまりきつくなく、ペルージャの攻勢となる。
ポンテを後ろに下げ、うまく捌けるようになったのも要因か。


後半はまたもや互角の戦い。
ペルージャは守備を意識するあまり攻撃が遅れ、チャンスが作れない。

しかし60分、相手のクリアボールをムタレッリが弾き返すとファビーニョが受けて決めペルージャが先制。1-0。
スアソとパポーニのプレッシングが相手のクリアミスを誘った。

その後hあからさまな亀の子作戦。ゴール前を堅め長身選手で跳ね返す。
68分、ファビーニョに代えて190cmDFレブラン投入。
73分、ポンテに代えてスコッツァレッラ投入。

82分、ムタレッリがプレッシャーを受けボールロスト。そこから一気に持ち込まれ決められ1-1。
     ムタレッリに代えてエスポージト投入。


その後はきっちり守りきり1-1のドロー。
ムタレッリは相手に削られコンディションを落としていたのに交代させなかったのが采配ミスだった。
ベテランだからのらりくらりやってくれるかなと思ったのだが。
それでも首位と引き分け勝ち点差は1のまま。残り6試合で逆転優勝したい。


2013y02m05d_154636249.jpg





2013y02m05d_161909359.jpg 2013y02m05d_161833765.jpg




  1. 2013/03/06(水) 06:00:36|
  2. perugia|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

peru7

1/2  ファビーニョと契約合意

ウディネーゼから期限付き移籍で加入しているファビーニョ(21)とボスマン移籍で契約合意。
今シーズンでウディネーゼと契約満了となっていた。
今季リーグ戦16試合で10得点と絶好調のファビーニョ。
来季から5年、年俸13万€での契約となる。



・リバルタと契約延長

DFクラウディオ・リバルタ(34)と1年間の契約延長で合意。条件はほぼ変わらず。
今季リーグ戦16試合に出場。





1/6
第18節
vs Andria (16/A)



コプリベチ
ジェフェルソン、パブリク、リバルタ、グロッソ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ
ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リベイロ、レブラン、パオネッサ、チェンチアレッリ、クレメンテ、ドセク

怪我:ルッソ
代表:スアソ


36分、グロッソが負傷。リベイロ投入。怪我明けのグロッソ、またもや怪我してしまった。

試合の大半は相手陣地でボールを回す。
しかし、最後のパスがミスばかりでなかなかゴールチャンスを作れない。

こういう試合は嫌なもの。カウンターから失点して負けとかざらにある。
後半から4-4-2に変更。ゴール前が窮屈ならサイドから攻める。


54分、右サイドに流れたディタッキオの速いクロス。
    ニアでパポーニがDF2人と共に潰れ、ボールは転々とファビーニョの元へ。
    ファビーニョが流しこんで1-0。ペルージャが先制!クラブと来季から5年契約を結んだファビーニョの先制点。

60分、ポンテが35M程度の位置から直接FKを決め2-0。ゴラッソ。

69分、パポーニに代えてクレメンテ投入。
77分、ディタッキオに代えてパオネッサ投入。


得点さえ奪うことが出来れば楽勝な内容。
きっちり勝利し勝ち点3ゲット。

そして首位ピサが敗れ勝ち点差が3になる。
直対で勝てば・・・。アウェーだけど頑張ろう。


・グロッソが手首の骨折で5週間OUT


2013y02m01d_152645057.jpg




1/6  リナウドをナポリから期限付き移籍で獲得


ナポリDFレアンドロ・リナウド(29)を今シーズン終了まで期限付き移籍で獲得で合意。
191cmで空中戦には絶対の自信を持つ。
セリエA通算102試合に出場。しかし最近2シーズンでは計6試合出場に留まっている。

空中戦に強いCBを獲得。足の速いパブリクとの連携に期待。
リバルタもきっちりとしたディフェンスを見せているのでこの3人で回して行きたい。
出場機会が無かった割りには調整できているので次節から出場可能。

2013y02m01d_153752518.jpg 2013y02m01d_153804901.jpg



1/7  ムタレッリをバーリから完全移籍で獲得



セリエBバーリからMFマッシモ・ムタレッリ(34)を半年契約で獲得。
移籍金7000€で年俸は4.8万€。

待望の守備的MFでフィジカルは衰えているが、経験でカバーできると思う。
この補強でMFクリスマンをプリマヴェーラに戻す。

2013y02m01d_155535317.jpg 2013y02m01d_155550184.jpg





1/10  トマス・ドセクと契約解除で合意


今夏3年契約で加入したFWドセク(34)だったが、4番手に甘んじ出番がなく移籍を志願。
買い取り先も見つからず契約解除で合意となった。
3年、年俸18万€だったが、違約金は22万€で解除となった。

今回色々増えてて、フットボールディレクター(FD)に交渉を任せることもできる。
移籍先が見つからなかったのでFDに任せてたら急に契約解除された。
起用してなかったから解除事態は問題ないが、22万€の損失は痛い。
3年契約は大失敗だった。しかし同胞のパブリクはCBとして主力として働いている。

急に契約解除とかされるからFDに任せるのはよそう・・・。





1/10  マルコ・マルキオンニ 期限付き移籍で獲得


セリエAパルマから元イタリア代表マルコ・マルキオンニ(32)を無償レンタルで獲得。
右サイドアタッカーでユベントスでもプレーした経験を持つ。

最近使い始めた4-4-2のサイドアタック要員として獲得。
冬の補強は恐らくここまで。ベテラン3人の獲得で終了。
トップチームGK2人で計23人。
これで後半戦ピサを抜いて独走態勢に入りたい。

2013y02m01d_162948820.jpg 2013y02m01d_163001137.jpg





1/13
第19節
vs Sorrento (11/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、リベイロ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、リバルタ、レブラン、パオネッサ、ムタレッリ、マルキオンニ、クレメンテ

怪我:ルッソ、グロッソ
代表:スアソ

リナウドが先発メンバー入り。
ムタレッリ、マルキオンニがベンチ入り。


4-4-2だと流動的で見てて面白い。
やはり4-3-1-2の中央ごった返しよし広くスペースを使うサッカーのほうが良い。
来季はサイドアタッカー集めよう。でもダブルボランチで戦えるボランチが必要になってくる。


22分、前線からプレス。最後は相手GKのパスミスを奪ったスコッツァレッラが決め1-0。ペルージャが先制。


58分、ディタッキオに代えてパオネッサ投入。


今日もコプリベチのファインセーブショー。
決定的なシュートを3本止めている。


66分、スコッツァレッラに代えてマルキオンニ投入。
70分、FWファビーニョに代えてMFムタレッリ投入。4-5-1で中盤を厚くする。


92分、リベイロのFKからパポーニが頭で決め2-0。



コンディションの整ってないマルキオンニが完全なパス地蔵と化したが、今後に期待。
攻撃より守備が目立った試合。パブリクのカバーは素晴らしい。
コプリベチもファインセーブショー。足だけで止めたり素晴らしい横っ飛びだったり。川島や川口を見ているよう。



2013y02m01d_182138940.jpg






1/20
第20節
vs Avellino (6/A)



正念場。プレーオフ争いしているアヴェリーノとのアウェーマッチにも勝たなければならない。


コプリベチ
ジェフェルソン、リナウド、パブリク、リベイロ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ、ポンテ
ファビーニョ、パポーニ

マンドレッリ、リバルタ、アナニア、パオネッサ、ムタレッリ、マルキオンニ、クレメンテ

怪我:グロッソ
代表:スアソ


3分、相手のCK、クリアボールをエリア外から狙われるがGKコプリベチのファインセーブ。
    今日もファインセーブショーが始まるのか。横っ飛び一閃。


13分、パブリクが不安定。マークを外しまくり。怖いから戦術を変更していたときに
    やはりパブリクがマークを外してた選手が起点となり失点。うーん。

27分、スコッツァレッラのクロスにパポーニが飛び込んで頭で合わせるも相手GKのファインセーブ。
     その直後のCKでDFパブリクが頭で決めるもファールの判定。


敵陣深くでパスを通そうとするがパスミスが多すぎる。
最後のところで毎回相手にプレゼントパス。

なので57分、スコッツァレッラ、エスポージトを下げマルキオンニ、ムタレッリの元セリエAコンビ投入。
コンディションは整ってないが、パス等の正確性は他の選手よりあるはず。

68分、ファビーニョに代えてクレメンテ投入。


攻める展開が続いたが最後まで決めることができず。
今日はファビーニョの調子がすこぶる悪く、ゴール前で勝負できる選手がいなかった。

マルキオンニはまだ調子は良くなさそうだったが、前節とは打って変わって勝負していて動きも流動的だった。
楽しみな選手。


・DFパブリクが累積警告で次節出場停止


2013y02m02d_175657599.jpg





2013y02m02d_194939418.jpg

2013y02m02d_195047794.jpg


リーグ戦残り10試合。
首位ピサとの勝ち点差はわずかに4。



  1. 2013/03/05(火) 06:00:00|
  2. perugia|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ペル6

12/2
第14節
vs Nocerina (2/H)



コプリベチ
ジェフェルソン、パブリク、リバルタ、グロッソ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ
ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、レブラン、リベイロ、チェンチアレッリ、パオネッサ、クレメンテ、スアソ


相手は3-4-3。さすが2位のクラブ。攻撃的に来るつもりか。

スペースが空いているのでガンガンシュートを狙う。
10分、高い位置でボールを奪いカウンター。パポーニが中盤から持ち込んでエリアの外から強烈なシュートを叩きこみ1-0。
    相手の3-4-3はスペースが空きすぎて楽に攻めれる。

27分、パポーニのキープから前線へのスルーパス。抜けだしたファビーニョが決め2-0。
31分、ゴール前中央17Mの位置からの直接FK。ポンテが決め3-0



48分、グロッソがタックルに行った際に負傷。このプレーでイエローを貰い累積警告で次節出場停止。
    グロッソに代えてリベイロ投入。

67分、ファビーニョに代えてダビド・スアソ投入。
76分、パポーニに代えてクレメンテ投入。



MOMは1得点1アシストのパポーニ。
2位相手に完勝。これで2位に浮上。後はピサを追い抜くだけだが、ピサもなかなか負けない。
後半戦まで根気強く戦って、直接対決で叩かないといけない。


・ファビオ・グロッソがハムストリングの肉離れで4週間の離脱。


2013y01m29d_142332606.jpg




12/5
コパ・イタリア レガプロ3回戦
vs Gubbio (H)



コプリベチ
アナニア、レブラン、ベッロ、ルッソ
クリスマン、ブラ、パオネッサ
クレメンテ
ドセク、スアソ

マンドレッリ、リベイロ、リバルタ、カルゾラ、エスポージト、パポーニ、ファビーニョ

故障:グロッソ
出停:チェンチアレッリ


17歳MFブラ、カルゾラをプリマヴェーラから招集。
GK以外全員リーグ戦先発メンバーを休ませる。
クリスマン、ブラを先発起用。


中盤のレベルが低すぎて苦戦気味。
前回動きの良かったクリスマンも、隣に更に幼いブラが入ったことで何も出来ない。
当然のことだが、3ボランチはアンカーが要。一番重要なポジションだ。

26分、クリスマンからパスを貰ったドセクが自ら持ち込み決め1-0。個人技で点を取ってきた。

44分、裏に抜けられ1-1。守備は酷い。

60分、クレメンテが右サイドから持ち込むと、クロスにダビド・スアソが頭で合わせ2-1。
61分、リスタート直後にアーリークロスを合わされ2-2。DFの油断が酷すぎる。やはり頼れるのはベテランか。

71分、ブラ、ベッロに代えてカルゾラ、リバルタ投入。


2-2で終了。
リーグ3位のグッビオ相手に控えメンバーで2-2だったのはむしろ喜べるのではないか。
カップ戦は3回戦で敗退となりリーグ戦に集中できる。


2013y01m29d_170117098.jpg





12/9
第15節
vs Carrarese (14/A)



コプリベチ
ジェフェルソン、パブリク、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ、ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、アナニア、レブラン、パオネッサ、チェンチアレッリ、クレメンテ、スアソ


開始から4-4-2で攻めるペルージャ。
最近ワンパターンだとゴール前を堅められて苦しむ場面があるので4-4-2で広く使って攻める。
こういう戦い方もあるんだぞと見せつけることにも意味がある。と、思う。
しかしサイドアタッカーなぞ居ないので、ポンテのタメから結局SBリベイロの突破に託す部分がある。


4分、ポンテのタメからファビーニョへ。ファビーニョのサイドへのパスは目の前のDFにカットされるも
    それが上手いこと目の前にこぼれ、そのままゴールに流しこみ1-0。ペルージャが先制。


4-4-2もかなり面白い。
トップ下が居なくなったことにより、FWが下がってプレーするため展開の幅が広がる。
あんなにごった返してた中央が広々とし、個々の技術の高さ、個人技が活きてくる。
しかし中央にスペースが出来たことによって相手の攻撃もスピードが出てきて怖くなる。

47分、パポーニが下がって受けると出来たスペースにディタッキオが侵入。
    パポーニのスルーパスで抜けだすとシュート。GKに弾かれるもFWファビーニョが詰めて2-0。



後半開始直後の46分、
サイドから持ち込まれフリーのボランチに決められ2-1。やはり2ボランチじゃバイタルが空く。


53分、スコッツァレッラの右サイドでのタメから、ディタッキオが右サイドから切れ込み決めて3-1。
    中盤にスペースが空いたことによって、ディタッキオが今まで見たことないような駆け上がりを見せる。
    そのせいでバイタルガラガラ中盤スカスカ。元々パス出ししか出来ないエスポージト。
    カバーや守備など期待できず中盤ボロボロ。でも面白い攻撃を見せる。
    完全に守備より攻撃重視の陣容。ディタッキオもゴール量産。3試合連続ゴール。


63分、ジェフェルソンのクロスにパポーニが頭で合わせ4-1。
    今日は下がったりサイドに開いたり、黒子のようなプレーで周りを活かしてきたパポーニ。ゴールという結果も出した。


65分、パス回しからFWに決められ4-2。
    ファビーニョ、エスポージトに代えてスアソ、チェンチアレッリ投入。
79分、パポーニに代えてパオネッサ投入。4-5-1に変更。



酷い守備だが4得点で勝利。
強いクラブ相手には厳しい陣容だな。


・ダビド・スアソが足首を捻挫し5週間の離脱


2013y01m31d_083332238.jpg




12/16
第16節
vs Paganese (4/A)



コプリベチ
ジェフェルソン、パブリク、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ
ポンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、アナニア、レブラン、パオネッサ、チェンチアレッリ、クレメンテ、ドセク

怪我:グロッソ、スアソ

ベテランの2人が離脱。
CBの2人のどっちかが離脱したらヤバイな。もうそろそろ冬になる。
移籍交渉を始めて、シーズン後半戦牽いては来シーズン以降にも影響ある契約をまとめたい。


19分、相手のCKからのカウンター。
     パポーニが右サイド持ち込んで切れ込みそのまま決め1-0。ペルージャ先制!
     完全に個人技で決めてきて今シーズン10点目。2桁の大台に乗る。
     ピサのペレスは17得点で追いつかないけど。

35分、豪快なカウンター。リベイロ、ジェフェルソンが共に駆け上がり横のラインで完全に数的優位に立つ。
    ポンテの中盤からのキラーパスにジェフェルソンが抜け出し、切れ込んでの速いクロスにファビーニョが合わせ2-0。
    

50分、CKからFWジラルディに決められ2-1。

67分、負傷したポンテに代えてクレメンテ、パポーニに代えてDFレブラン投入。5-3-1-1でカウンター狙い。
76分、リベイロに代えてアナニア投入。



確実に堅実に守りきり勝ち点3獲得。
首位ピサが敗れたため、勝ち点差が6に縮まる。


2013y01m31d_105022320.jpg





12/23
第17節
vs Prato (8/H)




コプリベチ
ジェフェルソン、パブリク、リバルタ、リベイロ
スコッツァレッラ、エスポージト、ディタッキオ、クレメンテ
パポーニ、ファビーニョ

マンドレッリ、アナニア、レブラン、パオネッサ、チェンチアレッリ、クリスマン、ドセク

怪我:グロッソ、ポンテ、スアソ


プラトは3-5-2。4-4-2でサイドを狙いたい。
しかし相手の3ボランチに中盤センター勝負やられたらたまったものじゃないな。



ポンテが居ないと中盤でタメを作ることが出来ず、シュートにまで持ち込めない。
最近好調のディタッキオもただただ空回り。

ハーフタイムで選手に喝を入れる。
選手はやる気を出しているが、根本的な問題がクリアされていない。


それでも62分、ファビーニョがパポーニとのワンツーで抜けだすとそのまま決め1-0、ペルージャが先制。
ファビーニョもこれでリーグ戦10得点目。


79分、ディタッキオに代えてパオネッサ。
84分、ファビーニョ、クレメンテを下げてクリスマン、チェンチアレッリ投入。中盤を固める。


1-0で勝利。
勝ちはしたが、内容は厳しい。中盤の押し上げがなくFWのパワーだけで点を取った。


GKコプリベチは最近マイ試合ビッグセーブを連発している。
中盤の守備がイマイチで、長い距離からでも正確に打たれてしまうがコプリベチの長い腕でなんとかセーブしている。
しかし中盤の守備的な選手の獲得は必要に感じる。
現状はスコッツァレッラくらいでそれも守備の人と言えるようなシロモノではない。

まあそんなこと昇格争いに関われると感じた瞬間から分かってたことだからリストアップは済んでいる。


・クリスマンが(18)地味にリーグデビュー。
 中盤のスペース埋め要員だったから特に何もせず。


2013y01m31d_145500366.jpg







  1. 2013/03/04(月) 06:00:00|
  2. perugia|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ