名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

Boro 4

9/1
第4節
vs Watford (16/H)



1勝1分1敗3得点4失点で16位ワトフォード。


1.アルムニア36.ゲイホ
3530
2013y01m11d_224535704.jpg2013y01m11d_224540986.jpg


3試合2得点のFWゲイホは要注意。
187cm、屈強なビッグマン。競り負けないようにしないといけない。
GKにはアルムニアが居る。

ワトフォードはウディネーゼと提携しており、ウディネから大量に選手がレンタルで来ている。
ゲイホもその一人だが、他にカッセッティなどもいる。



1スティール
2ホイト、3アムグ、6マクマナス、4フレンド
38ハルン、10ベイリー、16マクイクラン
9エムネス、27マクドナルド、14ヴクチェヴィッチ

23ジョンストン、15ハインズ、8トムソン、7リードビッター、33スモールウッド、11レデスマ、30ミラー



高さで負けないよう、高い二人が先発。副キャプテンのマクマナス今日やらかしたらもう無いぞ。
シモン・ヴクチェヴィッチが早速先発。加入1日で先発です。


2013y01m11d_225533252.jpg



開始1分、マクイクランが高い位置でボール奪取。
早速ヴクチェヴィッチが強烈なロングシュートを狙うもGKアルムニアの好セーブ。
長いからシモンにするかヴクチェにするか。ヴクチェビッチのファーストネームなんて覚えてなかったしヴクチェでいいや。

ヴクチェ加入前まででは見られなかったロングシュート。
マクイクランがムダにへなちょこ狙い続けただけだったが、可能性のあるロングシュートは見ててドキドキする。


試合開始からマクマナスがゲイホに連戦連敗。
なんのために先発起用したと思ってるんだ。ゲイホ対策のためだけに先発入りしたんだぞ。もっと頑張ってくれ。

10分、アルムニアのロングフィード。ボールを奪うと、マクイクランからハルンヘ。
     ワトフォードの守備陣はまったく集中していなかったのか、中盤からハルンがスルスル持ち込むと、
     最後まで碌なプレッシャーを受けることもなくエリア内に持ち込み決めボロが先制!!!
     ワトフォードDFは一体どうしたんだ。パス出すだろう、パス出すだろう、って感じだったのかな。


その後はワトフォードペース。
ボロはヴクチェがキーマンとなってダイナミックな攻撃を狙うが、確実にワトフォードのペースとなっていく。
そして20分、CKのこぼれ球をMFリタに豪快に叩きこまて1-1の同点となってしまう。
やはりセットプレーの守備。


いつもは積極果敢なオーバーラップで攻守に貢献しているジャスティン・ホイトだが
今日は相手が4-4-2といこともあって、活躍できず。
サイドMFが必ずホイトに付いて行き、自由に動かせて貰えない。
そして流れを掴めなかったのか、相手のカウンターの起点になりつつある。


前半終了間際はボロがペースを奪い返して前半終了。
エリア近くで単独ドリブルを仕掛けられる選手が欲しい。エムネスはそういう役回りを期待していたが、イマイチ。

後半からヴクチェを右、エムネスを左で起用。逆足同士で中に入ってもらう。


54分、完全にカウンターを浴びるもマレーのシュートはクロスバー。危なかった。
57分、今度はボロのカウンター。スコットが抜け出しエムネスへ戻す。
     切れ込んでフリーでのシュートは枠の右!枠飛ばせ!

64分、後ろからのロングボールを受けたゲイホがヒールパス。切れ込んだマレーが決め1-2。逆転を許す。
     攻撃があまりにも華麗すぎる。

69分、ハルンに代えてレデスマ投入。ヴクチェをセンターに置き4-2-3-1に変更。
74分、マクイクランに代えてリードビッター投入。
77分、スコット・マクドナルドに代えてミラー投入。

84分、FKからのこぼれ球をリードビッターが強烈なシュートで狙うもGK真正面!ついてないというかなんというか。



1-2で敗戦。
開幕4試合で1分3敗。過去にこんな酷かったことがあっただろうか。
シュートは打ってる。チャンスもある。決められない。あっさり決められる。華麗に決められる。

2013y01m11d_235411514.jpg






2013y01m12d_163015331.jpg





9/15
第5節
vs Bristol City (12/A)



1勝2分1敗で12位のブリストル。
一方ボロは降格圏の23位。1分3敗。勝たなきゃクビかも・・・。


2013y01m12d_182206354.jpg




1スティール
2ホイト、3アムグ、39ウッドゲート、21パーナビー
38ハルン、10ベイリー、16マクイクラン
9エムネス、17ユトキヴィッチ、14ヴクチェヴィッチ

23ジョンストン、15ハインズ、25リーチ、33スモールウッド、7リードビッター、11レデスマ、30ミラー


代表戦でスコット・マクドナルドが負傷。
練習中にMFトムソン、DFフレンドが負傷と厳しい状況。

代表戦でそこそこだったらしいマクイクランが先発。
でもこの試合でもダメなら諦める。心中諦める。なんでチェルシーのためにクビにされなきゃならんのだ。
左サイドバックにはU19代表リーチではなく30歳パーナビーを起用。経験豊富な選手起用。

スコット不在で普通ならミラーが先発だが、怪我明けのユトキヴィッチをぶっつけ起用。
ダメそうならすぐミラーに代えるつもりだが、復活選手で嫌な流れを払拭したい。
ターゲットマンとしてポストプレーを頑張ってもらいたい。怪我明けに体張らせるのか。




試合開始から弱点がバレており、ガンガン放り込まれる。


8分、スルーパスからスティーブ・デイビスに決められ0-1。
51分、クロスのこぼれを押し込まれ0-2。戦術というものが分からなくなってきた。いや分からない。
現在4-3-3でやってるが、所詮ベルギーのアマチュアリーグの知識だもんな・・・。


61分、ユトキヴィッチ、ハルンを下げレデスマ、ミラー投入。4-2-3-1に変更j。
80分、マクイクランに代えてリードビッター投入。

92分、レデスマの速いCKをエリオットが自陣に押し込みオウンゴールで1-2


1-2敗戦。
これで最下位転落。未だかつて降格などさせたことないのに・・・。
しかし60分からやった4-2-3-1に活路を見出す。
今までムダだったサイドアタッカーを裏に走らせたりすることができていた。
4-3-3はやっぱりサイドに超強力なドリブラーが居ないと成立しない。

今後4-2-3-1に変更してどれだけやれるか。マジで辛くなってきた。ゲームが辛いってヤバイな。


2013y01m12d_191229995.jpg






9/18
第6節
vs Leicester (16/H)



1勝2分2敗のレスターとの対戦。


28.マンノーネ4.ドリンクウォーター35.ニュージェント20.ベックフォード
24222728
2013y01m14d_161746228.jpg2013y01m14d_161842530.jpg2013y01m14d_161848443.jpg2013y01m14d_161857441.jpg


2013y01m14d_162550784.jpg

レスターはGKカスパー・シュマイケルを起用。
リーグ戦5試合中一試合しか出てない方を使うのは舐めプなのかなんなのか。


1スティール
2ホイト、3アムグ、15ハインズ、25リーチ
10ベイリー、16マクイクラン
9エムネス、14ヴクチェヴィッチ、11レデスマ
17ユトキヴィッチ

23ジョンストン、39ウッドゲート、21パーナビー、33スモールウッド、7リードビッター、38ハルン、30ミラー


ベイリーをゲームキャプテンに据え、4-2-3-1でスタート。



10分、ダイアーの速いクロスにニュージェントがワンタッチで流し込み0-1。
12分、クロスがファーサイドにまで流れてきて、レデスマが狙うも左ポスト。


それでもいつもよりは前目でボールを裁くことが出来ている。
トップ下に選手を置いた意味があった。それで失点してたら意味ないけど。

22分、ジャスティン・ホイトのオーバーラップからのクロスにFWユトキヴィッチが頭で合わせて同点!!
素晴らしい形だった。中盤3枚が高い位置を取るから相手SMFも中目をフォローしてるのでホイトが比較的フリーになる。

33分、ヴクチェヴィッチのミドルシュートはクロスバー。惜しい。
38分、レスターの早いリスタート。駆け上がってきたCBムコヨロに持ち込まれて決められ1-2。


70分、エムネス、リーチを下げ、運動量のあるハルンとパーナビーを投入。
76分、マクイクランに代えてスモールウッド投入。

86分、FKからDFデリートに決められ1-3




もうダメだ~。辛いよ。辛いです。


2013y01m14d_170756483.jpg




戦術が悪いのか。選手が悪いのか。スタッツはいつも上回っている。
いろいろ試行錯誤してるけど無理な気がする。

原因はDFラインにあると思う。
守備力の無さは明白だが、ボールを奪っても繋げられない。
落ち着きが無い。リース・ウィリアムスを失ったのは大きかったようだ。ボランチが本職で技術ある選手だった。

しかしミドルスブラは面白い。
クラブとしても魅力があるし、選手も魅力のある選手ばかり。
FM13初采配を取るクラブではなかった。他のクラブで修行をしてきたい。
早く解雇されて他のクラブで戦術について勉強してまたミドルスブラで戦いたい。そう思わせるクラブ。
0勝1分5敗はあまりにも不本意だ。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/07(木) 06:00:00|
  2. Boro|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Boro 3

あげる際データがきえていたようです。
バックアップはありません。


  1. 2013/02/02(土) 16:14:34|
  2. Boro|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ボロ2

控えのMFゼママを170万€で売却できそうで一喜びした直後に
キャプテンのリース・ウィリアムズ(24)にプレミアリーグ、フラムから700万€のオファーが舞い込む。
このオーストラリア代表選手はFWマクドナルドに次いでの高給取りで150万€をもらっている。
100万越えはマクドナルド、ウィリアムズ、ウッドゲートの3人だけ。

リース・ウィリアムズは契約内容に最小移籍金が700万€に設定されており、拒否権がない。
700万は大金だから嬉しい反面、実力、伸びしろ共にチームNo.1選手をこの額で放出しないといけない悲しさ。
そして後釜のCBをどうするかを非常に悩む。

一括支払いで870万€が入る訳だが、フロントからは60%が使えるように言われている。
今までの残りと合わせて600万弱使えるようになるがどうしよう。
今シーズンの昇格を諦め節約していくか、一気に全部使って昇格狙うか。
ちなみに今のところ今期予想収支は150万ユーロの黒字(上2件の移籍決定前)で
トータル120万ユーロの負債となっている。
2件の移籍が決まれば負債も返済し、晴れて健全経営となることができるが。


それから実は現実ではリース・ウィリアムズはボロで試合に出ることができてない様子。
大きな怪我か実力不足かは分からない。





8/4
練習試合
vs Cheltenham (A)



4部との練習試合。
リーグ開幕直前のリーグ杯1回戦で当たる相手。


2分、マクイクラン→レデスマ→マクドナルドと繋ぎ冷静に決め1-0
9分、フレンドのクロスにエムネスが飛び込み2-0
11分、エムネスのクロスがファーサイドポストに直撃、跳ね返りをマクドナルドが押し込み3-0。珍しい得点。
14分、リードビッターのスルーパスで抜けだしたレデスマの折り返しにマクドナルドが飛び込み頭で合わせ4-0。
    14分でハットトリック達成。
19分、ホイトのクロスのこぼれをレデスマが叩き込み5-0

41分、CKのこぼれからレデスマのクロスにエムネスが合わせ6-0

65分、スモールウッドが決め7-0
66分、CKから決められ7-1


7得点完勝。





8/5  リース・ウィリアムズ フラム移籍
のお知らせ


リース・ウィリアムズ(24)が700万€でプレミアリーグ、フラムへ移籍で合意。
16歳でオーストラリアから移り住み、ミドルスブラでプレー。
その後バーンリーへのレンタル後、ボロでプレー。3シーズンで79試合に出場した。


しかしオファーが来てから移籍を決めるのが早かった。
まあそりゃ4シーズン2部でプレーして、自信がついたところに1部からオファーあれば当然だが・・・。

ちなみにリース・ウィリアムズの実弟、ライアン・ウィリアムズ(18)が昨季にポーツマスからフラムに移籍している。

http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2013y01m09d_110648946.jpg  http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2013y01m09d_110538130.jpg






8/5  サム・ジョンストン選手 期限付移籍で加入のお知らせ



マンチェスター・ユナイテッドからGKサム・ジョンストン(19)を今シーズン終了までの期限付移籍で獲得。
年俸全負担で3万€、移籍金は0。
194cmもあり、空中戦では絶対の強さを見せるGK。
今シーズンで契約満了となり、契約延長交渉が上手くいかなかったら狙って行きたい。





8/8
親善試合
vs FC Bayern (H)



名門バイエルンとの最後の練習試合。
次は中5日でリーグ・カップが入り、その後1週に2試合の過密日程リーグが開始される。


スティール(21)
ホイト(27)、ウッドゲート(32)、マクマナス(29)、フレンド(24)
リードビッター(26)、ベイリー(28)、マクイクラン(19)
エムネス(24)、マクドナルド(28)、レデスマ(24)


怪我人がまだいるが、現在の陣容はこんな感じ。年齢のバランスが良い。
本当はマクマナスではなくリース・ウィリアムズだったんだけどなぁ。仕方ない。400万€何に使おう。


ノイアー
ラーム、エムレ・キャン(18)、ダンテ、ボアテング
シュバイニー、ハビマル
シャキリ、クロース、リベリー
ピサーロ

豪華な陣容だ。
これにゴメス、アラバ、ラフィーニャと怪我人がいて
今日はおやすみなのかマンジュキッチ、ロッベン、ミュラー、グスタボ、
コンテント、ティモシュク、バドシュトゥバー、ヴァンブイテンってなんなのこれ。現実を感じる。格差社会を感じる。



30秒、シャキリの右サイドからのクロスにトニ・クロースが頭で合わせるも枠の上。

こちらの攻撃パターンとなるサイドアタックにラームとジェローム・ボアテング置かれたらキツすぎる。
サイドを広く取ってマクイクランを上げてラストパス狙わせたほうが効果あるかなぁ。

11分、左サイドに流れたシャキリの突破からのクロス、ホイトが頭でクリアするもエリア外でシュバイニーが待つ。
ダイレクトでパスを出すと逆サイドフリーになっていたリベリーにドンピシャリ。リベリーが決め0-1。バイエルン先制。

みんなボールサイドに寄り過ぎ。フレンドどこに居た。

しかしその後は思ってた以上に健闘、いや互角に渡り合っている。
スタッツもほぼ同じ、ボロはカウンター狙いというより確実にパスを回してシュートチャンスを探している。
バイエルンよりもボールポゼッションが高い。中盤でのプレスも効いている。
後は最後の部分、つーかボアテング堅すぎ!SBがこの守備力ってズルすぎるやろ、絶対ズルい。


前半中盤からは完全にボロペース。
そして41分、レデスマのCKからCBマクマナスがダイナマイトヘッドを決めて同点!!!
どんなに放り込んでも、背の高い選手たちに跳ね返され続けたがとうとうゴール!


49分、レデスマが負傷、カラヨル投入。
マジで控え選手なんて居ないようなもんだから怪我だけはやめてくれ。


65分、完璧なカウンター成功。マクドナルドのスルーパスでエムネスが抜け出しシュートを放つ。
しかし鉄壁ノイアー。今日尽くセービングしてきた守護神に足で止められる。ビッグセーブだ。

70分、今日散々だったマクイクランを下げる。全選手の中で最低評価点。
中盤の繋ぎとしては確実に繋いだけど、展開も無ければキラーパスもない。
遠い位置からノイアーにキャッチされるロングシュートくらいしかすることができなかった。
19歳、飲まれたかな。もっと勝負して欲しかった。仕掛けて欲しかった。
更にリードビッターも下げスモールウッド、怪我明けのハルンを投入。2列目の運動量を上げカウンター勝負。


74分、バイエルンもシャキリに代えてロッベンを投入してくる。その前も18歳CBエムレからミュラーにしか交代していない。
   ハビマルCB、クロース・ボランチ、ミュラートップ下。ガチすぎ!練習試合ですぞ。
   ファーストプレーでロッベン凄い。リベリーはなんとか抑え込んだが、疲労が見えてきたDF陣。ロッベンに切り裂かれる。

75分、ミュラーの抜け出しからのシュートはGKスティールのファインセーブ。
   バイエルンにノイアーありならボロにスティールあり!

ロッベン入ってから完全に空気が変わった。やっぱ超一流って違うな。
バイエルン全体、いやミドルスブラの選手も合わせスタジアム全体の空気を変える。

そして83分、バイエルンのカウンターチャンス。中盤の選手まで一気に駆け上がる。
リベリーのドリブル突破からの左足でのクロスにボランチのシュバインシュタイガーが頭で決め1-2。一気に来た。


ロッベンが入るまでは後半もボロペースだった。
文字通り試合の流れを変える選手。こんなんインチキやん。レベルが違いすぎる。
ロッベンのドリブルが凄いだけならまだ納得できるけど、全選手動きのキレが変わるのは・・・。超一流は違うね。

でも満足もしている。あのメンバー相手にロッベンが居なければ互角以上に渡り合えた。
相手のFWがクラウディオ・ピサーロで裏抜けタイプじゃなかったのがだいぶ助かったとは思うけど、
バイエルンの攻撃をリベリー筆頭に完全にシャットアウトした。
攻撃も確実にパスを回すことが出来たし、後は得点パターンの確立だな。


ホイトが素晴らしい。守備面でもリベリーにまともにプレーさせなかったどころか、
攻撃面でも高い位置を取りクロスを供給し続けた。運動量豊富で素晴らしい選手。ボロのMOM。


11(7) 47%
13(6) 53%

41’ マクマナス

●1-2
23,962人

・レデスマが肋骨の打撲で1週間の離脱。


http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2013y01m09d_135050654.jpg







8/10  ゼママ選手 ミルウォールへ完全移籍のお知らせ


元モロッコ代表MFメルエーヌ・ゼママ(28)を同リーグのミルウォールへ170万€での放出で合意。
ボロへは10-11シーズンの冬に移籍。1年半で24試合に出場したが、ポジション奪取はできず。
中盤には若手も控えており、換金する形で放出となった。

本人はこの移籍を喜び、国際的な生活を送ることが夢だと語った。よく意味は分からない。





年齢国籍年俸
残契約
昨季
試合
得点通算
試合
得点下部
育成
8年目GK.1スティール
Jason Steele
21194cm
79kg
6万€
15’
3481
期限付GK.23ジョンストン
Sam Johnstone
19194cm
86kg
3万€
13’
新加入GK.32ロートウィラー
Jayson Leutwiler
23192cm
79kg
9万€
15’
14131
5年目DF.2ホイト
Justin Hoyte
27181cm
70kg
45万€
14’
391693
新加入DF.3アンドレ・アムグ
Andre Amougou
27187cm
80kg
35万€
13’
719210
新加入DF.4フレンド
George Friend
24188cm
88kg
30万€
15’
271454
4年目DF.6マクマナス
Stephen McManus
29188cm
83kg
75万€
13’
3022019
9年目DF.15ハインズ
Seb Hines
24188cm
78kg
30万€
16’
231452
復帰
8年目
DF.21パーナビー
Stuart Parnaby
30178cm
70kg
15万€
14’
51442
4年目DF.25リーチ
Adam Reach
19183cm
72kg
9万€
16’
6172
復帰
4年目
DF.39ウッドゲート
Jonathan Woodgate
32188cm
85kg
140万€
15’
172536
新加入MF.7リードビッター
Grant Leadbitter
26176cm
65kg
73万€
15’
34523225
3年目MF.8トムソン
Kevin Thomson
27181cm
75kg
73万€
14’
261964
3年目MF.10ベイリー
Nicky Bailey
28178cm
80kg
73万€
13’
37240285
新加入MF.11レデスマ
Emmanuel Ledesma
24180cm
74kg
18万€
15’
104668
期限付MF.16マクイクラン
Josh McEachran
19180cm
68kg
60万€
13’
415
新加入MF.19カラヨル
Mustapha Carayol
23178cm
75kg
30万€
15’
30414415
7年目MF.33スモールウッド
Richard Smallwood
21181cm
77kg
5.7万€
13’
14271
2年目MF.38ハルン
Faris Haroun
26188cm
79kg
35万€
14’
32222741
5年目FW.9エムネス
Marvin Emnes
24180cm
66kg
45万€
15’
421415629
2年目FW.17ユトキヴィッチ
Lucas Jutkiewicz
23186cm
81kg
55万€
16’
19216736
3年目FW.18ハリデイ
Andrew Halliday
20181cm
64kg
9万€
13’
87216
4年目FW.22ルーク・ウィリアムズ
Luke Williams
19174cm
70kg
5.7万€
15’
10
4年目FW.27マクドナルド
Scott McDonald
28173cm
78kg
180万€
14’
339307121
期限付FW.30ミラー
Ishmael Miller
25191cm
89kg
-
13’
21311918



http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/myboard_20130109184020.png



ユトキヴィッチ、ハルン、トムソン、パーナビーが怪我でキャンプに参加できず。
現在の陣容はこんな感じといったところ。

キャプテンにウッドゲートが就任。
副キャプテンには29歳のマクマナスが就く。


GK

生え抜きのスティール一択。万が一の負傷に備えてジョンストンを獲得。


CB

リース・ウィリアムズ放出により、現在所属は4名。
ファーストチョイスとなるウッドゲートは故障が多い。
元スコットランド代表マクマナスと生え抜きのハインズが相方候補。
アンドレ・アムグは高さには強いが。


SB

右サイドはジャスティン・ホイト。
アーセナルから加入しレギュラーを確保し続けている。
今季5年ぶりに復帰したパーナビーは両サイドでプレー可能な生え抜き選手。

左はフレンドがレギュラー候補だが、少し物足りない。レギュラークラスは欲しいが、補強は考えていない。


MF

運動量豊富なガッツマン、ベイリーをアンカーに置く。
守備だけでなくパス回しも出来、練習試合ではサイドへの展開も華麗に決めている。

インサイドハーフにはマクイクランが入る。最初に言った通り、チェルシーのために育成します。
相方には元ベルギー代表ハルンが第一候補。リーゴビッター、スモールウッドが控える。


FW

ワントップはマクドナルドが第一候補だが、ユトキヴィッチが怪我から復帰したらマクドナルドをサイドに置くかも。
しかしマクドナルドはCFとトップ下にしか適正が無い。現実ではサイドやってたこともあると思うけど。
よく走れる選手なのでサイドで使っても面白いと思うがどうするか。不得意なポジションで使って不満溜められても困る。


  1. 2013/02/01(金) 09:04:50|
  2. Boro|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

boro1

FM2013を購入。
ベルギー編、ペルウェルズさようなら。楽しかったと思うけど、なんかいつも通りあまり苦戦せず1部にまで昇格できたかも。
次は初プレイ。どんな戦術がいいのかも何も分からないところからのスタート。
ワクワク感と同等にハラハラ感もある。非常に楽しみ。

どこのクラブでプレーするかを凄く悩む。多分1時間くらい悩んでる。
やっぱり今回は有力リーグでやりたいかなぁ。ベルギーリーグって人こなさすぎかも。まだセミプロクラブだったけど。

いつも通りリーズ・ユナイテッドから始めようかとも思ったけど、なんかいつも通りすぎるからやめておこう。
3部MKドンズにアラン・スミスが完全移籍しているからそこでやろうかとも考えたが、
クラブエンブレムがあまりかっこよくない。アラン・スミスが退団したら一気にモチベーション下がりそう。


悩んだ結果古豪ミドルスブラでプレイすることに決定。
愛称はボロ。歴史はwikipedia見てね。イングランド2部チャンピオンシップに所属。
08-09シーズンに降格し、それ以降昇格できずにいる。

そんな不振にあえぐクラブを立て直しプレイ。
リーズが良かったんだけど、ジョニー・ハウソンの退団は痛かった・・・。モチベーションが完全になくなった。





http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2013y01m06d_071048488.jpg


http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2013y01m06d_071127039.jpg




まずはじめに会長のギブソン氏との会談。
フロントからは1年契約を提示される。
要求は2部でリーグ上位半分に入り込むこと。移籍予算46万€、人件費予算144万€。

その後、アシスタントコーチと話し合い、チームメイトの前で自己紹介。



次にトレーニング設定。いつもこの流れ。
しかし問題が。意味わかんなくなりすぎてる。ゲージでポチポチはなくなったのか?
最初はフィジカルトレーニングに負荷を掛けて体つくりを毎年しているのだが、そういうのの設定の仕方が分からない。

重点トレーニングに体調面があるからそれなのかな。選手それぞれ個別に細かいトレーニング設定できないっぽいし。



次に選手編成。
不満のあるポジションを強化。
しかし、今回は補強なしでやっていこうと思う。現実で12-13を戦うために補強されたチームですから。

目玉選手はFWスコット・マクドナルド(28)、DFジョナサン・ウッドゲート(32)。
好みのベテランもきっちりいるし、若手もいる。バランスの良いクラブかもしれない。





7/19  ジュリオ・アルカ放出のお知らせ

ジュリオ・アルカ(31)を同リーグ、シェフィールドに移籍金50万€で放出。
ミドルスブラで6シーズンプレーし、158試合7得点を記録。
それ以前はサンダーランドに6シーズン所属し通算で351試合に出場したベテラン。
年俸が75万€と高く、中盤も結構選手の数が多いので放出に踏み切った。

フィジカルは衰えているが、技術のあるボランチ。敵にすると怖い選手。
しかし年俸と移籍金で130万€の利益が出る。これは大金だ。





7/21
親善試合
vs Stevenage (A)



イングランド3部との練習試合
今回は選手編成を見ても4-3-3が妥当だと思うのでやっていきたい。

スティール
ホイト、ウィリアムズ、ウッドゲート、フレンド
リードビッター、ベイリー、マクイクラン
エムネス、マクドナルド、レデスマ


チェルシーも育成して欲しくてレンタルで出したんだろうし
19歳ながら今季はマクイクランと共にありたい。そして好かれてチェルシーで干された暁には・・・。遠い未来か。


14分、エムネスが相手DFのパスを奪いマクドナルドへ。マクドナルドのシュートはGKに弾かれるがレデスマが押し込み1-0
30分、FWフリーマンにサイドから抉られ、そのまま決められ1-1。ホイトの守備がまずかった。

82分、ゼママがPKを決め2-1

支配率60-40で勝利。
なんかボールが滑る気がする。
短いロブパスでも芝の上をアイスホッケーのように滑るからダイレクトで渡さないとパスが通らない。
まあまだ1試合目でコンディションなんて無いに等しい時期だから分かんないけど。



使わない選手を放出したいが、怪我人がどれくらい出るか分からないからイマイチ踏み切れない。
CBマクマナス(29)も4番手で年俸75万だし放出したいが、ウッドゲートがどれだけ怪我するか分からない。
怪我しやすい人だからなぁ。





7/24
親善試合
vs Burton (A)



4部との試合。

2分、CKからDFウィリアムズが頭で決め1-0
33分、フレンドのクロスをエムネスが頭で決め2-0
44分、マクドナルドが裏を取り決め3-0





7/28
親善試合
vs Fiorentina (H)



セリエAフィオレンティーナとの練習試合。
相手は1.5軍と言った所。それでもセリエAで中堅以下ならレギュラーを奪える面々。
システムは3-5-2。3バックのサイドを3トップで狙いたい。

ヴィヴィアーノ
ロンカーニャ、サヴィッチ、ロドリゲス
カドラド、アクイラーニ、デラロッカ、ミリアッチョ、リマ
エルアマディ、セフェロビッチ


75分、途中う出場のMFバレーロに決められ0-1


内容的にはまあ互角かな。
相手が1部ということも考えて、調整は上々だと思う。
新聞にもフィオレンティーナを相手に好プレイと書かれた。






7/31
練習試合
vs Rotherham (A)



4部
完全にメンバーを変更して挑む。
怪我人も既に6人いるのでU18選手も出場。

ハリデイのクロスにミラーが合わせて1-0。14分にボロが先制。

初めてみた。チームメイトにスライディングタックルを仕掛ける姿を。倒されたけど怪我しなくてよかった。

30分、LSBのジャクソンの突破からルーク・ウィリアムズが決め2-0
今作は非常にサイドバックが重要なきがする。今まではぶっちゃけ数合わせ的な雰囲気があったが、
守備だけではなく攻撃で非常にキーになっている。まあそりゃ4-3-3でサイドバックに負担の掛かるシステムではあるけど。
サイドバックの持ち込みや切れ込みからチャンスになる場面が凄く多い。

60分、ゴール前でのパス回しからルーク・ウィリアムズが決め3-0

最後20分近く防戦一方だが、ゴール前でDF、GKが体を張って防いだ。
若手たちにはいい経験になっただろう。




http://blog-imgs-55.fc2.com/m/i/r/mira09kz/2013y01m08d_165251744.jpg


だいぶパスミスも減ってきた。最初はアイスホッケーかと思ったが、緩和されてきた。
試合というか、選手の動きが格段に良くなっている。今回は3Dで見てても楽しい。2Dのほうが面白かったけど。
でもそろそろ3Dに慣れないとね。せっかくの3Dなんだ。


  1. 2013/01/31(木) 06:00:00|
  2. Boro|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |