名将?への道 [Football Managerプレイ記録]

Football Manager 2017 FM日記

FM11日記No.1

Football Manager

フットボールマネージャー2011プレイ日記を書いていこうと思います。
プレイ、更新頻度はあまり多くはないと思います。

フリーダムスレでよく配信していたんですが配信では限界を感じたと言いますか、
いろいろと不都合の多いゲームなのでまったりとブログでプレイ日記を書くのが性に合っていると思います。
昔からブログでFM日記などをたくさん書いていたので書き方はその時の物に近い形にします。

フットボールマネージャーをプレイするにおいて最初に決めなければならないのはやはりチーム。
FM2011配信ではニューカッスルでプレイしほとんど勝てず降格圏内をうろうろしていました。
ビッグクラブでプレイするのもいいんですがここはやはりまったり下部リーグのチームをしたいなと。

FM09配信でやっていたペルージャがまだ心に残ってます。
いろんな選手獲りましたからね。本田圭佑も加入し結構面白かった。
配信のときもペルージャでまたするかと思ったりもしましたが、悲しいことに現実で財政難を理由にセリエD落ちに。
このゲームはセリエC2までしか収録されてないので就任不可能となってしまいました。
セリエが好きなのでどこか良いチームないかなとサラッと見ていきましたが意中のチームは見つからず。
適当に決めました。

http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/r/mira09kz/140px-Beneventostemma.pngBenevento Calcio
歴史

1929に設立。クラブロゴにも描かれている黄・赤色の魔女と呼ばれるベネヴェントは2005年にクラブの財政難からセリエC2に降格する。その年にクラブ名を現在のベネヴェント・カルチョに改め再出発した。

また、南部チーム特有のスタジアムは独特の雰囲気で熱狂的なサポーターがスタディオ・サンタ・コロンバを陣取ることでも有名である。
wikipediaから転載

黄色と赤の魔女と呼ばれるチームだそうです。
何故このチームを選んだか。
FM09配信ペルージャと同じくセリエC1(3部リーグ)であるのとスタジアムが1万8000人収容だからであること。
最初にそのクラブを適当にポチってスタジアムが大きかったから選びました。





2年契約でベネベントと契約。年俸1950万円。チームをプレイオフに導いてほしいとのことでした。
移籍資金もおそらくこのレベルでは潤沢であろうと思われる1億5700万円。
賃金予算も7000万円空いてるので結構補強できそう。

次にやることは戦力の把握。
選手それぞれの詳しい紹介は画像を付けてのちのちやります。
ここでは大雑把に。
思った以上に優秀な人材がいる。特に2トップはこのディビジョンではかなり優秀です。
なにより人数が多い。トップチームのフィールドプレイヤー27人は多すぎる。
補強しようにも人数を減らさないことにはチームの不協和音が響きそう。
しかし補強対象を決め手からでないと適当に放出したら編成が酷いことになりそう。
やはり戦力調整は最初が難しい。





7月15日

チームが始動して2日目。リザーブチームとのテストマッチ。
結果は4-2で勝利。配信のときから思ってたけど今回は本当に戦術設定が難しい。
09のほうがやりやすかった。09の戦術設定のやり方にできることはできるんですけどね。
配信のニューカッスルではそっちでやってましたが何時までも昔が良かったとか言ってられないですからね。
新仕様で頑張りたいと思います。

試合のほうはリザーブ5人程度とプリマヴェーラ相手に正直しょっぱい。
始動2日目だから仕方ないのかもしれないけどしょっぱい。
学生相手に守備崩壊してました。ライン統率がなされてなくDFがバラバラに散ってしまいます。
マンマークではなくゾーンにしてるんですけどね。よく分からない。





まずは自分のチームのポジション別人数。

GK:2人
DC:4人
DR:3人
DL:1人
MC:5人
ACM:2人
ARLM:3人
ST:5人

パッと見こんな感じです。
と言っても人数だけ多くて選手の能力はそんなたいしたことないんですけどね。
豊富な移籍金を活用してDFを中心に補強したいと思ってます。
昇格には守備力が大事だと思ってます。
紅白戦でもかなり酷い感じでしたし、主軸CBと両サイドバックを補強したい。あとはGKもほしい。

完全にレギュラーとして扱ってるのは2トップの二人と中盤の1人くらい。
サイドアタッカーに面白い選手は居るのですが今回は4-3-1-2を使用する予定。
後半のオプションとしてしか使い道が無さそう。





8月2日

セリエAのパルマとの親善試合。2-1でまさかの勝利。
指揮してて思った。やっぱり4-3-1-2より4-4-2のほうが好きだし采配しやすいし見てて面白いし強い。
サイドアタッカーに若干の不安が残る。誰か獲りたい。

それにしても何故パルマに勝てたんだ。
試合は相手のロングボールからのカウンターは怖くクレスポのポスト直撃などあったが
終始安定して試合を作れていたし、こちらの前線にスピードさえあればもっと一方的に勝てた気もする。
まあそこは気のせいなんだろうけど。
こちらの2トップがどちらもスピードがないのが欠点。技術は凄くこのディビジョンなら圧倒的なんですけどね。
ちゃんとスピードのあるストライカー補強しました。
怪我持ちだったので練習には合流してませんが、このディビジョンではスーパーエースになれる選手です。





8月8日

コパ・イタリアが開幕するのでそろそろメンバー紹介。
セリエC1は背番号が無いみたいです。毎試合1番から11番まで自動的に割り振られます。

主力>レギュラー>ローテ>控え>若手

昨季通算
期限付GKアンドレア・セクリン20185cm260万主力
3年目GKクラウディウ・バイカン22183cm365万2試合控え2試合
新加入GKガブリエレ・アルデガーニ34195cm990万4試合控え205試合
新加入DFアンドレア・シニョリーニ20186cm520万25試合3得点ローテ26試合3得点
新加入DFルカ・フスコ32182cm1700万21試合レギュラー354試合3得点
新加入DFセドロラ23190cm1800万レギュラー10試合
期限付DFミケーレ・カンポレーゼ18186cm630万ローテ
新加入DFアンジェロ・シニスカルチ26184cm1800万26試合控え132試合2得点
新加入DFステファノ・アボガドリ24183cm1650万32試合1得点主力83試合2得点
2年目DFイヴァン・ペドレッリ24178cm910万30試合控え80試合1得点
期限付DFジョバンニ・フォルミコーニ20184cm23試合若手31試合
6年目DFディエゴ・パレルモ30177cm1100万33試合1得点主力283試合15得点
3年目DFダビデ・カッタネオ28182cm750万20試合2得点控え217試合9得点
新加入MFクラウディオ・グラウソ31172cm7750万26試合ローテ317試合4得点
新加入MFラファエレ・ビアンコ22172cm720万31試合若手70試合2得点
2年目MFガブリエレ・パッキャルディ27184cm1400万15試合レギュラー249試合13得点
3年目MFアントニオ・バッカ20180cm405万12試合1得点ローテ13試合1得点
2年目MFエマヌエル・ダンナ28179cm4250万30試合2得点ローテ248試合13得点
新加入MFアンドレア・ピントーリ29165cm1550万31試合9得点主力207試合73得点
新加入MFドメニコ・モルフェオ34170cm680万主力306試合57得点
期限付MFアントニオ・ジト24184cm17試合3得点控え118試合27得点
期限付MFカルロ・ベッキオーネ22175cm510万7試合ローテ7試合
期限付FWアグスティン・トラッサ21164cm1050万30試合5得点主力78試合12得点
5年目FWジャンピエロ・クレメンテ32179cm1650万31試合9得点主力259試合93得点
3年目FWフェリス・エバクオ27187cm7000万23試合15得点主力230試合80得点
2年目FWドメニコ・ジェルミナーレ23183cm870万11試合控え61試合12得点
期限付FWアレッシオ・ヴィオラ19169cm12試合4得点控え21試合4得点
期限付FWジョエルソン27180cm26試合4得点控え210試合35得点


下部リーグでプレイして最初に表を作ったときに驚くこと。
それは新加入選手の多さ。いつもこれに驚かされる。

私が獲得した選手は6名。このチームには計18人の新加入選手がいます。

私が獲得した選手をまずは紹介しようと思います。


GK

アンドレア・セクリン Andrea Seculin 20歳

フィオレンティーナから期限付で獲得。
イタリアユース代表で3試合の出場経験を持つゴールキーパー。
将来を嘱望される若きゴールキーパー。3部リーグではもったいない選手。


DF

ミケーレ・カンポレーゼ Michele Camporese 18歳

こちらもフィオレンティーナから期限付で獲得。
高さとパワーが売りのセンターバック。反面スピードに弱く判断力や集中力といったメンタルも乏しい。

敏捷性などアジリティの低さが気になりますが勇敢さもありますしパワーを存分に発揮してほしいです。
完全移籍で買取る予定でシーズンでもちょこちょこと起用していくつもりです。



ルカ・フスコ Luca Fusco 32歳

経験豊富なベテランセンターバック。フリーで1年契約年俸1700万で合意。

ベテランらしい完璧な守備能力を兼ね揃えてるがフィジカル面に問題を抱えてます。
スピードもなければ強さもない。それでもそれを補って余りあるディフェンス能力。
アビスパ福岡に来た田中誠みたいな感じですね。フスコに代表経験は無いですけど。



ステファノ・アボガドリ Stefano Avogadri 24歳

セリエBピアチェンツァから移籍金1700万円で獲得した右サイドバック。
ピアチェンツァでは過去2シーズンで60試合に出場とセリエBで完全にレギュラーを獲得しており、
ピアチェンツァのプリマヴェーラ出身だったこの選手が何故3部リーグのベネベントに移籍してきたのかは理由は不明。



MF

ドメニコ・モルフェオ Domenico Morfeo 34歳

過去にはミラン、インテルなどにも在籍していたこともあるベテランMFと2年契約で合意。
08-09ではセリエC1で4試合に出場。09-10シーズンはどのクラブにも所属しておらず試合出場はなかったが
経験豊富な中盤として期待は大。このチームにはパサーがいないのでパスセンスを発揮してほしい。



FW

アグスティン・トラッサ Agustin Torassa 21歳

アルゼンチンのオール・ボーイズから期限付で獲得。
完全移籍で買取前提での補強です。
身長は164cmと小柄だがその分スピードはピカイチでカウンターなどで真価を発揮しそう。
優れた2トップが在籍しているものの主力候補として獲得しました。
昨季はアルゼンチン2部で30試合で5得点しかしておりませんが2桁できる選手だと思います。





GK

このポジションは期限付で獲得したセクリンが正GK。
セカンドゴールキーパーはベテラン34歳のアルデガーニ。




DF

右サイドバックにはセリエBピアチェンツァから獲得したアボガドリ。
左サイドバックには30歳のパレルモ。他に選手が居ないから一択です。左サイドバックの控えとしては
ユベントスから期限付で獲得されていた左サイドハーフのベッキオーネの起用も考えてましたが
システムを4-4-2に変更したことによって中盤での起用の可能性も出てきたのでどうなるか分かりません。
パレルモが怪我して居なくなればベッキオーネをコンバートするかもしれないです。

センターバックは5人での争い。
190cmの高さを誇る23歳ブラジル人のセドロラと32歳ベテランDFフスコがレギュラー候補。
ジェノアと共同保有の20歳シニョリーニとフィオレンティーナから期限付で獲得した18歳カンポレーゼが控えます。
誰使っても面白い。カンポレーゼには一番期待してます。




MF

ダブルボランチでは下部組織出身の20歳、バッカと27歳、守備的なパッキャルディがレギュラー候補。
モルフェオも中盤センターと左で使えます。
右サイドはトップ下で起用予定だったピントーリ。左はモルフェオかベッキオーネと考えてます。
中盤は中途半端は選手が多すぎてまだ起用法定まってません。シーズン中に考えます。




FW

2トップは新加入164cmアルゼンチン人のトラッソと、32歳クレメンテ、エバクオで組もうと思ってます。
エバクオはポストタイプ、クレメンテはテクニックに優れた選手でどちらもスピードが欠点ですが
トラッソが補ってくれるでしょう。







8月8日  コパイタリア第1予選ラウンド
       vs Virtus Entella (H)



アルゼンチン人ストライカー、トラッソは肩の骨折でまだ合流していません。
ベテランCBのフスコは合流まもなく調整が遅れているのでベンチスタート。
あとは主力メンバーで挑みます。

相手はセリエC2(4部相当)なのできっちり完勝したい。


GK:セクリン
DF:アボガドリ、カンポレーゼ、セドロラ、パレルモ
MF:ピントーリ、バッカ、パッキャルディ、モルフェオ
FW:エバクオ、クレメンテ

SUB:アルデガーニ、シニョリーニ、フスコ、グラウソ、ベッキオーネ、ダンナ、ジェルミナーレ


20分、相手のMFが2枚目のイエローを受け退場。

80分、右サイドバック、アボガドリのクロスに途中出場のベッキオーネが飛び込んでとうとう先制。


もっといろいろ書こうと思ってたけどそういう意識すら失わさせられる試合内容。
なんでこんなに枠にシュート飛ばせないんですか。
18本のシュートの内枠内3本って。シュートのレベルが低すぎる。後はクロスの精度。
中央で選手に合ったのはゴールシーンの1本のみ。酷い試合だった。


◯1-0
得点:ベッキオーネ







8月12日

19歳ストライカーのヴィオラが靭帯損傷で1ヶ月の離脱。






8月15日  コパイタリア第2予選ラウンド
        vs Varese


コパイタリア。この1週間後の22日にセリエC1が開幕します。
相手はセリエB(2部)のヴァレーゼ戦。難しい試合になると思いますが勝算はあります。

変更箇所は2箇所。
CBセドロラに代えて32歳ベテランのフスコが先発。
左サイドもモルフェオに代えて第1予選でゴールを決めたベッキオーネ。

GK:セクリン
DF:アボガドリ、カンポレーゼ、フスコ、パレルモ
MF:ピントーリ、バッカ、パッキャルディ、ベッキオーネ
FW:エバクオ、クレメンテ

SUB:アルデガーニ、シニョリーニ、セドロラ、グラウソ、モルフェオ、ダンナ、ジョエルソン


前半からヴァレーゼの猛攻。ベネベントは守備に追われ続けると15分、CKから決められ失点。
それまでGKセクリンのファインセーブでなんとか無失点だったがとうとうゴールを割られる。

さらに36分、カウンターから決められ0-2。絶望的展開。
こちらは攻撃の形が皆無。今作の戦術設定難しすぎる・・・。

71分、3人交代枠を使ったあとで左サイドハーフのベッキオーネが負傷退場。万事休す。



●0-2







左サイドハーフのベッキオーネが足首の捻挫で全治8週間の離脱。
開幕直前にスピード系アタッカーを失ったのは痛い。


スポンサーサイト
  1. 2011/01/20(木) 01:40:03|
  2. FM:Benevento|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |